2008年01月08日

仲間の力

皆様、お元気さまです!

昨日行われた全国高校ラグビー大会(花園)の決勝戦で
東福岡高校が初優勝を飾りました。

oth0801072037015-n3.jpg


決勝戦は東福岡(福岡)vs伏見工業(京都)でした。

どちらも住んでいた隣の県同士の決勝となってちょっと
不思議な気分でした。

とても拮抗したいい試合でした。
後半伏見工の怒濤の反撃を交わしての勝利となりました。
インゴールに持ち込まれても、ゴールを阻止した場面もありました。

この東福岡では、大会開幕直前に列車事故で選手が亡くなっています。
他の選手たちはかなりの動揺をしたそうです。
でも、彼のためにも絶対に勝つ!と一丸となって戦ったんですね。

ノーサイドのあとラグビースクールからずっと一緒だった
3選手たちが「4人で優勝しました」、「一緒にやってきたから
頑張れた」と言って、胸を張ったそうです。

きっと、すごく辛い時期もあったと思います。
大きな戦力を突然の事故という形で亡くし、どう乗り越えていいのか
分からない時もあったでしょう。
でも、彼らは彼のためにも前向きに一丸となったからこそ、
初優勝という栄冠を手にしたのだと思います。

旅立った彼も、きっと天国から応援していたでしょうし、一緒に
花園のグラウンドで喜んでいたことでしょう。

「死」という形での別れは辛いですよね。
でも、前向きに進むことこそ供養になるのだろうな、ということを
彼らに教えてもらいました。

感動をありがとう。


posted by chika at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。