2008年01月19日

わたしのこと 1

皆様、お元気さまです!

なんだか最近もやもや〜〜としているchikaですが、
昨日ついに、久々に爆発しかけました。
というか、ほとんど爆発しました爆弾

おっとの職場の変化に伴って、私達の生活の環境やリズムも
当然変わったわけです時計
それに、私がついて行ってなかったんですね。
細かいことがどんどん溜まっていっていたみたいで、
「もう、こんなのいやだーーーーーーーっむかっ(怒り)」みたいに
なっちゃったわけです。
あー、またまたエゴ満開かわいい

もちろん、おっとが幸せに働いてくれることは私の幸せでもあります。
でも!
やっぱり家庭の幸せも欲しているわけです。
二人しかいない家族なんだから、二人の時間も大切にしたいんですよ。
そういう私のわがままが、自分でコントロールできなくなったんですね。
その想いをおっとにがむしゃらに伝えてしました。
おっとは言われてもどうしようもないのに・・・です。

おっとは当直だったので、メールで好き勝手書いて送ったんですね。
で、送った後も気は晴れず。
ずっとモヤモヤしていたわけです。
(どれだけ未熟なんだか・・・あせあせ(飛び散る汗)
 普段偉そうなことばっかり書いていながら、こんなもんですm(_ _)m)

泣きたいような、泣けないようなもやもやの状態でお風呂に入って、
ボーーーっとしていました。
そこで、いつもお湯に垂らすラベンダーのアロマオイルを、ボトルから
直接嗅いでみたんです。
そしたら・・・、
涙が突然溢れてきました。
なんだか、ぐっと鎧で固めていた自分の気持ちがふっと解き放された
感じになったんです。
これは香りの力、お花の力ですね。

そこから一人でお風呂で号泣ですたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

そうしたら、号泣しながらどんどん自分の感情が溢れ出てきました。
その中で、一番に心に引っかかったのが先日のことでした。

それは、先日おっとの両親と温泉旅行に行った時のこと・・・でした。

それは夕食時、私以外の3人が良い感じに酔っぱらってきた時のこと。
(私は飲めないので、一人しらふです)

子供達(おっとの兄弟)の結婚の話になりました。
おっとは3人兄弟の末っ子です。
私が結婚した時には義兄が結婚していました。
その義兄は最初に結婚したいと言いだしたことを義母に反対されて断念、
紆余曲折後、今の義姉と結婚しています。
そして、次が私達。
私の家庭の事情で、義母に大きく反対されました。
それをおっとが辛抱強く説得してくれて、渋々と許してもらったんです。
最後は義姉。
義姉も相手の事情により最初は猛反対。
最後は条件付きで許されました。

とにかく、両親(特に義母)は結婚をする相手に理想があるんですね。
私も反対された時はとてもショックでしたし、どうしたらいいのか・・と
胸を痛めました。
でも、結婚してから家族の一員となってみると、とてもいい義母なのです。
大切にしてくれますし、きついことも言われたことはありません。
決して悪気のない正直な義母なんですね。

だから、私は普段から感謝しています。

でも!

その夕食時、義母は言いました。

「○○(おっとの名前)も、あの時はお母さんと○○のどっちが先に折れるか・・
 みたいに、お互いの様子を見合っていたよね。根気比べみたいにね」

と。
そう、私達の結婚を反対した時の話です。

この言葉で私はいたたまれない気持ちになりました。

あー、やっぱり私は許されていなかったんだ・・・
結局根気負けしただけなんだね、お義母さんは。
じゃ、今も私じゃなきゃ良かったと思っているんだろうね。

と。

その時のおっとの反応は

「そうやったっけ?そんなことはなかったよ」

でした。

多分今考えれば、おっとにはこれは私を守る精一杯の言葉だったと思います。
でも、私にはそう思えなかったんです。

相変わらず正直に自分の想いを話す義母と、それから守ってくれなかったおっと。

私の気持ちは自分が思っていたよりもズタズタに傷付いていたのでした。


                      つづく



長くなるようなので、とりあえず今日はここまで。
なんだか中途半端ですいませんあせあせ(飛び散る汗)
でも、私の本質に迫る出来事だったので、じっくり検証してみますね。
興味のある方だけお付き合い下さーい。




posted by chika at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。