2008年02月09日

皆様、お元気さまです!



ume11.jpg





まだまだ寒い日が続いていますが、春はやってきている!
自然って正直。
やっぱりすごいな。



posted by chika at 23:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

自然の力

皆様、お元気さまです!


daikon.jpg


面白い写真でしょう。
我が家で採れたわけではありません。
が!佐賀で掘れた大根だそうです〜。
ローカルニュースでやっていました。

自然っておもしろいですね。
なんで?
どうやってこんなに巻いちゃったのでしょうか〜?


お野菜繋がりのお話しですが、佐賀に来てから無農薬野菜を
作って下さっている人から直接配達してもらう様になりました。
このお野菜達がね、本当に美味しいんですよ!!
どれも甘い。
私は小さい頃から野菜は苦手だったのですが(食べることはできます)、
こんな美味しい野菜を食べていなかったなー、と思います。
ブロッコリーなんか、下の茎(かな?)部分まで炒めて食べられます。
これがまたおいしい。
ほとんど捨てる部分がないですね。

最近、餃子問題が話題になっていますが、農薬ってやっぱり体には
よくないですよね。
ある濃度までは体に影響しないと言いますが、本当にそうでしょうか?
そんな実験、人間でできますか?
頻繁に農薬を使うようになってからまだ100年も経っていないでしょう。
なのに、体に悪影響を与えないなんて言えるんでしょうか?
と私は疑問に思っています。

できるだけクリーンなものを体に入れたい。
それは地球のためにもなると思います。
それが子孫への礼儀ですよね。

安心なものは美味しいんです。
簡単な方程式ですよね。

自然はちゃんと恵みを与えてくれます。
それに背いているのは人間の方のような気がします。

あんなに美味しい野菜を食べていたら、きっと子供達も野菜大好きに
なると思います。
いいことずくめなんですよね〜。

自然の力に感謝して、たくさん恵みをいただきたいものです。







posted by chika at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

あけましておめでとうございます

皆様、お元気さまです!
そして
あけましておめでとうございます!!
今日は旧正月。
日本ではあまり取り上げられませんが、アジアでは
お祝いする国が多いですよね。
日本でも神社にたくさんの方が参拝されています。

昨日も書きましたが、やっと明けました!
本厄&大殺界ど真ん中から抜け出しましたー。
とはいえ、まだ3年目が残っているんですが。

明けるのを楽しみに待っていましたが、
今日はその一日目からどーーーーーんと落ちることが。
ささいなきっかけでもう、どん底か、と思うほど落ちました。
怒り、悲しみが芋づる式に出てくるんですよ。
自分でどんどん愛から遠ざかるのが分かっているのに、
もう止められない(汗)

いろいろと理性でその感情を止めようとしましたが、
(一旦は納得するのですが、すっきりしない・・)
無理で、結局自分の気持ちをぶちまける形になってしまいました。

落ちれば落ちるほど、自分の大元の問題が浮き彫りになってきますね。
母への怒り、自分の存在の否定・・・その気持ちしか出てこないんです。

「勝手に生んだくせに!」
 (いえ、望んで生まれてきたのですよ。)
「誰も私のこと分かってない!」
 (いえ、私が拒絶しているんですよ。)

理性の部分で、()の部分の冷静なつっこみを入れながらも、「」の
感情が吹き出してきます。
本当にそう思っていると言うより、自分の傷を言葉にすると「」の様な
表現になる・・・というのが正確な感じでしょうか
インナーチャイルドがいるんですね、私の中に。

そしてそこに原因があることがはっきりしているのに、どうしようも
なくて途方に暮れる・・・といった感じでした。

まあ、ここまで自分の問題点がシンプルに分かるようになってきたのは
これまでの時間の賜物なのですが、そこから先がなかなか進みません。
一進一退・・・。

お正月1日目からどーーーーーーんと来た日でした。
ま、これも意味があるのかな。

自分の気持ちが落ちると、愛から離れていくのを実感します。
どんどんすさんだ気持ちになって・・・。
あ〜〜〜、まだまだです。
真理を知ってはいるけど、自分のこととして分かっていないんでしょうね。



いつも偉そうなこといってごめんなさーーーい。
こんなものなのですよ。

どーーーーーーんとなりながら、自分の気持ちと向き合って自分で
癒していこうと思います。


どーーーーーーーーーーーーーんなchikaでしたm(_ _)m

posted by chika at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

今月の新月

皆様、お元気さまです!


今月の新月がやってきます。

2008年2月7日  12:45 水瓶座です。


以降新月のアファメーションのメルマガよりご紹介します。
http://archive.mag2.com/0000131552/index.html
(どうぞ、登録して下さいね)


水瓶座は「精神性」と「科学技術」の双方を意味し「統合・調和」を意味し、
またコンピューター・発明・変革・革新といった意味もあります。
21世紀は水瓶座の時代です。
水瓶座の時代は精神や霊というものが、重要視されて物質と精神が等しく評価
され、その融合の中に新しい生活の価値観が出てくる時代であると言われてい
ます。
科学的な面と精神性を融合させながら、独創的でしかも平等で公平な友愛精神
を水瓶座はサポートします。



願い事の書き方が分からない方は、具体的な願い事の例がメルマガに
紹介されているので、そちらを見てください。



願いを書くときに、より叶いやすくするための法則があります。

・新月に入った瞬間から8時間以内に願い事リストを作る。
 ー 48時間以内有効ですが8時間以内のほうが効果大。
・手書きで書く。
 ー ワープロやパソコンではパワーが違います。
・願い事は2件以上10件以内にする。
 ー 2件以上のほうが相乗効果がありますが、10件を超えると
   エネルギーが分散してしまいます。
・自分を主体に書く。
 ー 自分自身を変える願いは叶いますが、他者を変える願いは叶いません。
・自分を信じる。
 ー 実現するまで辛抱強く願い続けましょう。
・願いは1件につき1文にする。
 ー 2つ以上の願いを1つの文にまとめてしまうと叶いません。 
・現在形、または完了形で書く。
 ー 〜しますように、と書くと願っている自分になってしまいます。
・肯定文で書く。
 ー 悪いことがおきません、ではなくて、良いことだけがおきます
  と書きましょう。

それから、最後に大切なこと、 願いを書いた紙は日付を入れて大切にしまい、
この願いのことは忘れてしまいましょう。
いつも意識して願っていては却ってとらわれてしまいます。
数ヵ月後、叶った夢に線をひいていくと、嬉しい驚きが訪れることでしょう。
(以上 「新月のアファメーション」メルマガより抜粋)





明日は旧正月でもあります。
旧暦では明日がお正月です。

やっと年が明けます。
私の中ではそんな感じです。
本厄・大殺界のど真ん中という年をやっと抜け出します。
ちょっとホッとする感じです。
そんな大切な新月の時でもあるので、明日はしっかりアファメーション
しようと思います。

先月から一つ新しいことを始めました。
それは、このアファメーションの最後に一つ自分のことだけでない
世界全体の幸せに通ずるお願いをすること。
例えば「世界が平和でみんなが幸せです」とか「地球環境が良くなります」とか
なんでもいいんですが。
なにか一つを祈ることにしました。
それだけでも気持ちがすっきりします。
皆さんもいかがでしょうか。


         ☆みんなが幸せです☆





posted by chika at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

「陰日向に咲く」観ました

皆様、お元気さまです!


またまたカップルデーを利用して、映画を観に行きました〜。
一人1000円で観られるんですよ!(笑)

「陰日向に咲く」
劇団ひとりさん原作の映画です。
http://www.kage-hinata.jp/index.html


以前、この本を読んだ時にこのブログにも紹介しました。
http://chikahealing.seesaa.net/article/16610898.html


とにかくいい印象の小説で、面白かったのを覚えています。
劇団ひとりさんの才能を感じました。

なので、楽しみに観に行きました♪
主演は岡田准一君だし、宮崎あおいちゃんだし(笑)

いい映画でしたよ。
ほのぼのと温かいお話しでした。
ただ!
原作ファンとしてはあまりにまとまりすぎた感が残念でした。
原作の雰囲気がとっても独特なんですね。
切なくて、どこか暗くて、でも人間くさくて温かい・・・みたいな
複雑な世界観があるんですが、映像化してしまうとそれを伝えるのが
難しかったんじゃないかな〜と思います。

小説だから、それぞれがそれぞれの想像をして作り上げるものですが、
映像化してしまうと、もうそれが正解!みたいになってしまいますよね。
それが自分の感じていた世界観と違ってちょっと残念だった・・・って
感じです。


もちろん、原作を読まずにこの映画を観たら、それはそれで楽しめる
映画だったと思います。
9人の主人公。
それぞれがそれぞれの人生を模索しながら生きていく様が描かれています。
そのそれぞれがどこかで繋がっていたり・・・とおもしろいです。
涙あり、笑いあり、といった作品です。
大きな盛り上がりがあるような話ではありませんが、温かい気持ちになります。


でも、原作と映画どちらを選ぼうか・・・と迷っていらっしゃる方は、
同じお金を出すなら私は絶対に原作をオススメします!
劇団ひとり、おそるべし!ですよ。
posted by chika at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

愛と共に・・・

皆様、お元気さまです!


今日は嬉しいことがありましたハートたち(複数ハート)
ある方から贈り物プレゼントが届きました。

present 1.jpg


かわいいでしょ?
ハート黒ハートマーク付きです。
中身は・・・内緒ですが、とってもとっても嬉しいものでした。
このタイミングでいただいたことに意味があるな〜と思いました。
ありがたいぴかぴか(新しい)ありがたいぴかぴか(新しい)
本当にありがとうございます!!


そして、もう一つ!
先日ご紹介した「車椅子父さんの絵日記」が手元にやってきました手(チョキ)

感激!!です。
あっという間に読み切ってしまいましたが、やっぱり涙たらーっ(汗)なしには読めませんでした。
ブログで見たことがあるお話しばかりなのに、笑ったり泣いたり・・・。
飯田さんの取材による裏話も書いてあるので、そうだったのか〜と
感動新たに読みました。

がつうさんのブログはいつも明るいものでした。
常に私達読者に心配をかけまいとされていたようです。
最後はもう体を動かすことも辛い状況で、何時間もかけて日記を
更新されていたそうです。
私はそのことを全く知りませんでした。
個人的なメールのやりとりもしていたのですが、旅立たれる2週間前まで
普通に元気に返して頂いていたのです。
でも、じつはそのお返事を書くのも辛い状況だったことを今日知りました。

読み終わって「何も知らなくて本当にごめんなさい」とがつうさんに謝りました。
もっとがつうさんの本当の気持ちにより添ってあげられたら・・・と反省しました。

と同時に私はがつうさんから私が思っていた以上の愛をもらっていたことに
気付かされて、ほんとうに嬉しかったですぴかぴか(新しい)



愛と共に私の元へいろんなものが届きましたハートたち(複数ハート)
みなさん、ありがとうございます。


posted by chika at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

佐賀 ものつくりミュージアム

皆様、お元気さまです!


今日は全国的にお天気が荒れたようですね雪
佐賀では雨でした。
やっぱり九州は暖かいのかな〜?



足下は悪かったのですが、今日は「佐賀 ものつくりミュージアム」
というイベントに行って来ましたグッド(上向き矢印)

http://www.city.saga.lg.jp/monotsukuri/top.jsp

佐賀市が主催で佐賀市歴史民俗館(旧古賀銀行・旧古賀家・
旧牛島家・旧三省銀行)にて行われたイベントです。

佐賀の小さな路地にある昔ながらの町屋などに、いろんな作家さんが
作品を展示したり、その場で作り方を紹介したり、ワークショップが
あったりしていました。


monozukuri1.jpg   monozukuri2.jpg   monozukuri3.jpg


私達の目的はダカフェさんの写真。
出品されていたのです〜。
初めて生の写真を見ることができました〜ぴかぴか(新しい)
やっぱり、愛に満ちていて素敵でした。

他にも綿から糸を紡いでいる様子を見たり、木工やさんの木のいろんな
作品を見たり、昔の時計やカメラの修理をする人がいたり・・・。
まさに「ものづくり」を見せてもらいました。

すごく温かい気持ちになりました。
自分の信念・想いを持って仕事をしている人、何かを作り出している人が
たくさんいるんだな、ということを実感しました。

とてもとても大切なことですよねハートたち(複数ハート)

行ってよかったです!
佐賀もすてたもんじゃないぞーって思いました(笑)
posted by chika at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

「はじまりの歌」by 大橋卓弥

皆様、お元気さまです!



今日ミュージックフェアを見ていたら、また素敵な歌に出会いましたぴかぴか(新しい)
スキマスイッチのボーカル、大橋さんがソロデビューされ、
そのデビューシングル「はじまりの歌」です。

CMにも使われていると思います。
サビを聴いたことがあったので。


「はじまりの歌」

どこへ続くの この先はなんだ
見慣れない道の上 ギターを抱えて立っている
行こうかな帰ろうかな 悩んで考えて
時間が過ぎていく程 不安は肥大していくだけ
いつでも誰かに頼ってきたんだろう
見る前に飛んでみよう 自分ひとりで

新しい五線譜を眺めて 探し始めたメロディー
向き合うのは成果ではなく 胸に住み着いた弱虫
うまくいかなくって苦しくて 涙が溢れ出したら
ほら一つ前に進めたっていう証 oh yeah!

いつも通る道を少し胸を張って
歩くだけ それだけで 景色が違って見えたんだ
ほんの単純な事 気持ちの持ちようさ
日常に埋もれてた 本当の自分を見つけた
不安とは想像が生み出した罠(トラップ)だ
足をとられぬように 自分を信じて

新しい五線譜に並べた 想いを託したメロディー
向き合うのは評価ではなく 言い訳ばかりの弱虫
うまくいかなくって悔しくて 涙がこぼれ落ちたら
また一つ前に進めたっていう証 oh yeah!

感情のリズム喜怒哀楽を繰り返し刻んでいる
一つ一つが自分だけの旋律を紡いでいく
怖がってないでまずは始めのコードを鳴らしてみよう
世界はまるで嘘のように輝き始める



ハート向き合うのは評価ではなく 言い訳ばかりの弱虫
 うまくいかなくって悔しくて 涙がこぼれ落ちたら
 また一つ前に進めたっていう証 oh yeah!


ここが大好きですexclamation
すごく背中を押してくれるような歌詞ですよね。
涙は前進の証・・・そうなんですよね!
人生はそうやって進んでいくんだぁって、元気をもらいました。

やっぱり歌はいいでするんるん



posted by chika at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

『車椅子父さんの絵日記』

皆様、お元気さまです!



gatuu book.gif


とうとうこの日がやってきました!
私が大好きながつうさん(車椅子父さん)と飯田史彦さんの共著が発売されます!
(地域によってはまだ書店には並んでいないかも・・・ですが)
http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-69802-1


このブログにはがつうさんを通して知り合った方もたくさんいらっしゃるので、
もう読んだ方もいらっしゃるかもしれませんね。
私はまだですが、もうこの本を飯田先生が書かれると分かった時、
発売されると分かった時は、あまりの感動で涙が止まりませんでした。

知らない方のために、ちょっとご説明。
がつうさんとは人気ブログ「車椅子父さんの日記」の著者で、私はネットを通して
知り合い、何度かお会いすることができました。
かかりつけの病院が一緒だったのです。
http://kurumaisutousan2.blog82.fc2.com/

神経性の難病の中、家族と共に前向きに生きていらっしゃいましたが、去年
ずいぶんと若く先に旅立たれたのです。
がつうさんとはソウルメイトだったと思わずにはいられないほど、短い中で
深いつながりを得ることができました。
今も心の中でいろいろと支えてくれている存在です。

そんながつうさんが「生きがい」論で有名な飯田先生と繋がられ、逝去後、
飯田先生の計らいでブログの絵と共に本となることになったのです。

がつうさんはブログにたくさんの想いを残されました。
不自由になっていく手の動きの中で、何時間もかけて書かれていたのです。
家族への愛、病気と闘うことの気持ち、生きることへの想い・・・いろんな
ことが描かれています。
それが本という形になって、たくさんの方々の手に届くことが本当に嬉しいです。

こんなことを書くのもおこがましいのですが、がつうさん家族が飯田先生を
知った時、このブログが少しだけ関係していました。
がつうさんも、がつうさんの奥様もこのブログを読んでくださっていて、
(もう私達が知り合った後のことです)
私が「ツインソウル」という本の紹介をした時に、それを読んだ奥様がすぐに、
がつうさんにこの本を買って渡されたのです。
本に感動したがつうさんが飯田さんに手紙を出されたことで二人の
繋がりが始まりました。

もちろん、お二人(がつうさんと飯田さん)はソウルメイトですから私のブログが
なくても、必ず出会われていたでしょう。

でも、毎日少しずつ発信している私の想いが誰かに伝わっているんだな、
ということを示してくれた大きな出来事です。
書いていて良かったな、と本当に思わせてくれました。
これからもちょっとずつ発信し続けていけたらいいな、と気持ちを新たにしています。


がつうさんはたくさんの方々の心の中で生き続けていらっしゃいます。
本当にみなさんががつうさんを大好きなことが伝わってきます。
これも彼の役割なんですよね。
これからはきっともっとたくさんの方に、本という形で彼の想いが伝わり、
残っていくのだと思います。
飯田さん、本当にありがとうございます!

大いに笑えて、大いに泣ける本になっていると思います。
ぜひ、書店で見かけた方は一度手に取ってみてください。




がつうさん!やりましたね!!
がつうさんの想いが形に残って、いろんな人の手に渡っていきますよ!
私は胸がいっぱいで、苦しいくらいです(>_<)
これからもたくさんの人達を勇気づけ続けてくださいね。
いつもいつもありがとうございます。




posted by chika at 22:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 本・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。