2008年03月11日

足りすぎを知る

皆様、お元気さまです!


今朝、朝ご飯にレーズンパンを食べていました。
最初の一口。
パクッ。

う〜ん、レーズン〜(^o^)

レーズンたっぷりで、美味しいパンでした。

パクッ。
パクッ。
パクッ。

と食べ続けて・・・。

いつまでも、レーズン〜。

さらに

パクッ。

ん?まだまだレーズン・・・


食べれば食べるほど、レーズンがザックザク(・o・)

ずっとレーズンの歯ごたえが絶えません。

それがこれバッド(下向き矢印)

re-zunpan1.jpg
(食べかけの汚い写真でスイマセン・・あせあせ(飛び散る汗)


レーズンたっぷり〜〜〜〜〜〜ダッシュ(走り出すさま)


さらに食べ進めても・・・

re-zunpan2.jpg


どこをみてもレーズン〜〜〜〜〜〜ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


どんだけーーーーーっ


凄いパンでした。
レーズンの中にパン生地が入っているようなどんっ(衝撃)
最後はちょっと気分が・・・あせあせ(飛び散る汗)


「足を知る」とはいいますが、「足りすぎ」でした〜。

コップ半分の水を「もう半分だ」と思うか「まだ半分だ」
思うかは自分次第、なんていいますが、
多すぎるレーズンを「こんなに入ってたわーい(嬉しい顔)」と思うか
「こんなに入ってるよふらふら」と思うかは自分次第るんるん
ってことでしょうか・・・???


「足りすぎを知る」心も大事なのだ、ということです。

        
     


          ・
          ・
          ・



        なんのこっちゃ





posted by chika at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。