2008年06月15日

生まれてきてくれてありがとう

皆様、お元気さまです!

仕事にもすこーーしずつ慣れてきて、仕事の時間も少し増えてきました。
(忙しい時に仕事に入ったりと、シフトが変わってきたので)
でも、楽しく元気に過ごしています。
「体がきついなーー」と思って、仕事を減らしてもらう?と自分に問いかけて
みても、「いや、行ったら楽しいから行く!」と答えが返ってきます。
人と関わることで、「自分」というものが確立していく感じを今はとっても
楽しんでいます。
まあ、凹むこともありますが(^_^;)、それはそれということで(笑)


さて、最近は悲しいニュースが多いですね。
日本にもいろんな変化の波が襲ってくる時代のようです。

私が尊敬するバースコーディネーターの大葉ナナコさんがブログで
こんなことを書かれていました。


「子ども達を抱きしめよう」


福岡に研修講師で来ています。37人の助産師さんにお会いできる
『参加型マタニティクラスの実践』研修です。がんばります。

連日、秋葉原の無差別通り魔事件の報道を見ていて涙がとまらない。
被害者の方々のご家族や友人の千切れるような想い。そして、犯人は幼稚な残虐さ。
子ども時代からの強烈な心のねじれにも涙が出る。

委員になっている第27期東京都青少年問題協議会でも、討議テーマは
「若者の非社会化の防止」だが、生育歴のケアとして、愛着形成不全が
起きないような出産ケア・心あたたまる幼少期の環境・思春期サポート・
20歳過ぎてからの相談窓口や、正規雇用してもらえる就職市場の整備と、
長期間と短期間の若者ケアの両方が大切だと意見を交換していたばかりだった。
秋葉原の犯人も無条件に愛されなかったどころか「お前が悪い」と育てた
教育ママとエリートパパの家族モデル。ある種の精神的虐待育児で仮面家族。
このシステム構造論があちこちで発生するのを改善しないと、また起きる。
悲し過ぎる。

私たち母親ができることは、子どもたちを抱きしめること。
「あなたの未来が楽しみだよ」と言って、見つめて励ますこと。
「生まれて来てくれてありがとう」と、その子のいのちを喜ぶこと。
美味しいご飯と会話で食卓を癒しの場にすること…。シンプルだけど、
こういうことからしか、すぐに始められない。ああ、明日は美味しいご飯を作ろう。
いつも悲しい報道が流れると、そう思う。家族のあたたかい居場所づくりは、
女性ができる豊かな仕事だと思う。

赤ちゃんたちにはベビーマッサージを。全身にタッチを。頬づりを。
新米のママやパパには、サポートと安心感を。背中を撫で下ろしてあげようよ。
「大丈夫だよ、一緒に悩もう」って。

今、生まれて来ている子どもたちが、与えあうことができる未来人になるように。
与えあう社会システムが作られないと。「誰でも良かった」と罪のない人たちの
いのちが奪われるしくみは異常。
自分に克つことと、他者との勝負けが、混同されてる。バーチャルとリアルの
混同を防ぐには、安心感のリアルを強化するしかない気がする。この事件が
メッセージしている時代への警鐘に、皆がともに変えられることがあるはず。

子どもたちと若者に夢を。まずは抱きしめよう。
「かわいいよ。生まれて来てくれてありがとう。」そう言われる子どもが、
一人でも増えますように。そう言える大人が一人でも増えますように。





この文章を読んで、感動を覚えました。
「孤独感」が最大の原因にならないように、お子さん達に伝えましょう。
「生まれてきてくれてありがとう」と。
「お父さん、お母さん達はあなたがいてくれるだけで、十分に幸せだ」と。
ストレートな表現がとっても大切です。
そうじゃないと子供には伝わりません。
愛情だと思って厳しく言っても、それは子供には分かりません。
まずは、ストレートに伝えて子供が安心感を得てからしつけが始まるのだと
私は思います。

あなたはなによりも大切な存在、あなたはこうやって生まれて生きているだけで
十分な存在・・・ということをしっかり分からせてあげてください。

そうなるためには、親である皆さんがまず自分の存在を肯定することです。
そう、あなたも「生まれてきてくれて幸せ」な存在なのですから。




ぴかぴか(新しい)生まれてきてくれて本当にありがとうぴかぴか(新しい)











posted by chika at 10:32| Comment(8) | TrackBack(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。