2008年10月11日

秋は悲しい・・・!?

皆様、お元気さまです!!

どうも、ご無沙汰しております・・・。
前回の記事から1ヶ月近くが経とうとしていました・・あせあせ(飛び散る汗)がく〜(落胆した顔)
満月や新月の記事ばかりになるのが、どうしても抵抗があったので、
前回の新月から記事にするのを止めました。
しばらく続けて更新してきたので、興味のある方は「新月のアファメーション」の
メルマガに登録されただろうし、満月のお財布ふりふりの方法も覚えていただけた
のではないだろうか、と考えています。
とういことで、これからも皆様、ご自身のペースでお月様のエネルギーを時々
感じてみて下さい♪


さて、すっかり秋になりましたね。
金木犀の香りが世の中に充満していて、私は幸せです。
大好きなんですよね、この香りが。
なつかしいような、ワクワクするような、それでいて切ないような・・・
そんな気持ちになります。

日が暮れるのも早くて、なんだかちょっと寂しい気がするのは私だけでしょうか。

・・・と思っていたら、どうもこの季節が「悲しい」のは臓器に関係が
あったようなんです!!
この秋に活発化する臓器は「肺臓」。
その肺臓がリンクする感情が「悲しみ」なんですね。

私も最近どうも気持ちが不安定で、「かなし〜〜〜〜」って心で
叫ぶような時があったので、なるほどひらめきと腑に落ちました。
きっと肺臓が過剰に活発化しようとがんばっているんですね。

では、この肺臓のエネルギーを抑えることが、感情を抑えるのに
いいんでしょう。
その方法は・・・

深呼吸!

でしょう。

・・・って普通や〜〜〜〜〜ん手(パー)

1日5分でも呼吸をしっかり意識して深呼吸。
まずは、しっかり吐く。
それから吸う。
できるだけ腹式呼吸を練習して、肺を最大に縮めたり伸ばしたりしましょう。



それからもう一つ。
しっかり汗をかいて皮膚呼吸を正常化することも大切だそうです。

肺と皮膚は密接な関係にあります。
この季節の急な乾燥で、皮膚呼吸が正常にできなくなるのだそうです。
すると、肺に負担がかかって風邪を引いてしまう。
毛穴が閉まってお肌がカサカサ・・・ってことが起こります。

これらへの対処法は・・・

汗をかくこと!

これまた普通や〜〜〜〜〜ん手(パー)


お家でできるのはやっぱり半身浴でしょうね。
しっかり汗を出しましょう。

ということで、しっかりと体を秋モードに入れるべく、私はかかりつけの
クリニックで遠赤外線ドームに入ってきましたーー手(チョキ)
汗だらだらあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
お肌もちょっとすべすべぴかぴか(新しい)
気分もスッキリグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

きっと皮膚呼吸も正常化して、風邪も引かず、切なさも減ることでしょう。


皆さんも、この季節、肺臓(皮膚も)を少し、意識してみませんか??
もちろん、スポーツや温泉などで汗を流すのも、リフレッシュの方法だと
思いますよ〜〜〜。


    (参照:「寺門琢巳 だから!カラダ!げんき!」


posted by chika at 08:56| Comment(9) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。