2006年02月11日

気学塾2回目

今日は気学塾講座二回目。
一回目に教えてもらったことを基本に、今日のテーマは
「日本の暦」。

ひらめき暦・こよみには太陽暦(新暦)、太陰暦、太陰太陽暦(旧暦)がある

ひらめき一日と一年を子〜午の十二支で当てはめて考えること。
    その際、昔は始まりを寅としていてそれは一年では2月(節分)
    一日では4時に当たる。
    だから、一日の始まりは4時〜。東洋医学の考え方では22時〜4時
    までに体を休める(寝る)といいとされるらしい。

ひらめき土用の丑の日の土用とは土化作用の略であり、土化作用とは
    春になる2月、夏になる5月、秋になる8月、冬になる11月の前
    18日間が季節が変わるために土の中が変わっていく期間らしい。
    もっとも有名な、うなぎを食べる土用の丑の日は秋8月になる前の
    18日の中の丑の日のことだったのだ。

気学塾1.JPGkigakujuku 2.JPG
左は一日を十二支に。右は一年を十二支に。

などなどを習った。
うまく説明できないが、あいかわらず「へえ〜〜〜」ということがたくさんだ。
日本だな、日本人だなーーってことを実感する。


今日は気学塾の後、カラオケへカラオケ
思う存分歌いスッキリストレス解消るんるん

実は今日は5回目の入籍記念日(結婚式の前に入籍したので)ハートたち(複数ハート)
特別に何もしなかったので、ケーキを買ってきてコーヒーで乾杯喫茶店
もう結婚して丸五年。
あっという間だったような長かったような・・・。
でも、まあケンカしながらも二人仲良くやっているから
幸せだな〜〜って思う(ようにしよう)。
何年経っても、この気持ちを忘れませんようにぴかぴか(新しい)
おっとよ、5年間我慢してくれてありがとうございます。
これからもよろしくね。


【関連する記事】
posted by chika at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。