2006年09月21日

いのちのまつり

今日は絵本の紹介。

「いのちのまつり 〜ヌチヌグスージ〜」
 作:草場 一壽  絵:平安座 資尚

inotinomaturi.jpg


自分は命のつながりで生まれてきたことを
再確認する本。
だからこそ、命の奇跡を感じ大切にしなくては
と思わされる。
ぜひ、ご家族で読んで欲しい本です。



(帯より)
「ヌチヌグスージ」とは、沖縄の方言で“いのちのお祝い、
いのちのお祭り”という意味です。始まりも終わりもない悠久の時の
流れのなか、広大無辺な生命のつながりが今ここにあるーー。
自分自身が奇跡の存在であること、与えられた生命を光り輝きながら
共に生きぬくことが、「ヌチヌグスージ=いのちのまつり」である
という想いを絵本に込めました。 草場 一壽


posted by chika at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。