2006年12月13日

2006年の漢字

今年の漢字が発表されました。
2006年を表す漢字は

「命」

でした。

秋篠宮家に悠仁様がお生まれになったという明るい
ニュースの一方で、いじめによる自殺や様々な
犯罪による暗いニュースで「命」を感じさせるものも
ありました。


「命」を授かるということは簡単なことではありません。
魂は永遠ですが、この世に生まれ降りる=「命」を与えられる
ということは、好きなように出来るわけではないのです。

魂は成長を望んで、この世へと降り立ちます。
この世でいろんなことを学びたいからです。
あの世では魂そのものが愛であり、成長できる
環境ではないからです。
試練こそが魂の成長を促します。
たとえば、この世では肉体を身にまとっているだけで
自由ではありません。
どこかに行きたい!と望んでも飛んでいけるわけではありません。
行きたいと思ってから、実際にそこにたどり着くまでに
いろんな学びをするのです。

あの世ではこの世に生まれ降りたい魂がたくさん
順番待ちをしているとも言われています。

「命」を授かる、「命」を与えられるということは
すごいことなのです。

だから、自殺はしない。
だから、人を殺さない。

自ら望んでこの世に生まれ降りたのです。
自らの命は全うしなくてはいけないと思います。
人の命も奪ってはいけないと思います。

もっと自分の「命」、人の「命」を大切にしましょう。
「命」ある限り。

今年の漢字に考えさせられた一日でした。


posted by chika at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「いのち」重いテーマですね。
子供が生まれたとき感動で魂が震え自然に両手を合わせていました。全てのものに感謝していました。手を合わせるということは感謝することだと、初めて実感したのを思いだします。
昨夜、奥様に先立たれた方と長い時間お話をしました。魂の存在を信じたいと思っているのに、一人残された寂しさに信じきれず苦しんでおられました。奥様は彼に魂の存在について真剣に考えるという「学び」のチャンスを与える為に先に逝かれたのでは?と思えてなりませんでした。
「いのち」を頂いたことには意味があるのでしょう。大切にしたいですよね。
Posted by チビのママ at 2006年12月14日 08:47
今年の漢字、命、まさに今年を表しているなーと感じました。

良くも悪くも命のことを考えさせられた一年でした。

どうやったら命が大切かを子どもたちに伝えられるか、これから考えていきたいと思います。
Posted by あんず at 2006年12月14日 12:41
>チビのママさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

重たいテーマですね。
もっと軽く今年の漢字について書くだけのつもりが、
どんどん話が膨らんでしまいました(^_^;)

チビのママさんの出産の時の想いが伝わってきて、
感動しました。
本当の感謝を知る、って素晴らしい経験ですね。
これぞ、命を授けられたってことでしょうか。

どんな事にも意味がありますね。
「命」を授かることにも、「命」を失うことにも。
大きな出来事です。
Posted by chika at 2006年12月14日 20:26
>あんずさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

学校の先生には、ぜひ命の大切さを子供たちに伝えて
いってほしいです。
これがすべての基本になるような気がします。
命があってこその、勉強・生活ですよね。

あんずさん、どうぞよろしくお願いしますね。
Posted by chika at 2006年12月14日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。