2007年01月07日

ノーサイド

今日は7日。
七草がゆを食べました。
といってもお鍋の残りで雑炊みたいにしたのですが・・・。
胃を休める意味はあまりなかったchika家でした(^_^;)

****************************

今日は全国高校ラグビー選手権の決勝戦でした。
決勝カードは東福岡vs東海大仰星。
どちらも優勝候補の2校。
予想通りのカードといった所です。
なかなかおもしろい試合になりました。
前半は0−0のまま終了。
後半になると、高校選抜日本代表の選手が何人もいるという
東海大仰星のペースになっていき、結局19−5という結果で
東海大仰星の優勝が決まりました。
みんなむちむちの体で、大きいです。
フォワードは強く、バックスはパス回しが早い、やはり
強いチームでした。
東福岡も最後の最後まであきらめずに、ワントライをあげました。
正々堂々とした清々しい決勝戦だったと思います。

ノーサイド。

ラグビーでは試合が終わったらどちらのサイドもなくなる、
という意味で「ノーサイド」といいます。

笛が鳴った途端に違うジャージを着た選手同士が抱き合う姿は
微笑ましいものです。
「おめでとう」
「ありがとう」
といっている口の動きが見えて、嬉しくなりました。

試合中はすごい勢いでぶつかり合った選手達が、
お互いの健闘をたたえ合う、素敵なことですよね。
これぞラグビー、これぞスポーツの良さではないでしょうか。

どちらのチームの選手にも心から拍手を送りたいと思います。



  『ノーサイド』   byユーミン


 彼は目を閉じて 枯れた芝生の匂い 深く吸った
 長いリーグ戦 締めくくるキックは ゴールをそれた
 肩を落として 土を払った 緩やかな冬の日の黄昏に
 彼はもう二度と 嗅ぐことのない風 深く吸った
  
  何をゴールに決めて 何を犠牲にしたの 誰も知らず 
  歓声よりも長く 興奮よりも速く
  走ろうとしたあなたを少しでもわかりたいから

 人々がみんな 立ち去っても私 ここに居るわ

 同じゼッケン 誰かが付けて また次のシーズンをかけてゆく
 人々がみんな あなたを忘れても ここに居るわ
  
  何をゴールに決めて 何を犠牲にしたの 誰も知らず 
  歓声よりも長く 興奮よりも速く
  走ろうとしたあなたを少しでもわかりたいから

 人々がみんな 立ち去っても私 ここに居るわ




切ない歌です。
まさに青春の歌ですね。
いつ聴いてもうるうるっとします。


posted by chika at 18:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
部活動など一生懸命やっているのを見ると、学生っていいなーと思います。
私は中学は3年間まじめに部活に励んだものの、
高校は帰宅部で良い思い出がないので、何かを頑張るって大切なことなんだなと思ったものです。
Posted by あんず at 2007年01月08日 19:16
>あんずさん
コメントありがとうございますm(_ _)m

そうですね、学生の良さってそういうところにも
ありますね。
私は中学・高校と帰宅部で、大学で初めての部活が
マネージャーでした。
もちろんマネでもチームの一体感を味わいましたが、
自分で一生懸命プレイする経験もしたらよかったなあと
今では思うこともありますね。

ま、帰宅部を充分楽しんだ6年間だったので
いいんですけどね(^_^;)

あんずさんは中学校で一生懸命部活されたんですね。
絶対にいい経験ですね。
Posted by chika at 2007年01月08日 22:15
おひさしぶりです。
残念ながら、この試合はコーチングの講座でみることができませんでしたが、夫の情報から色々きいています。

ノーサイド。良い言葉です。試合が終わったら敵と味方がなくなる。ジェントルマンのスポーツですね。

「同じゼッケン・・・」ってところがジーンときていましますね。うちの息子はスクラムハーフの9番でした。だから、どうしても9番の選手をみてしまうんですね。学生スポーツは一定の時間の限りがあるところに輝きがあるのかもしれません。そして、伝統や、先輩たちの思い、たくさんのものを背負ってグランドでプレーをしているのだと思います。

Posted by くーにゃん at 2007年01月09日 16:59
>くーにゃんさん
コメントありがとうございますm(_ _)m
お元気様です!

そう〜〜「同じゼッケン・・」のところですよね!
くーにゃんさんなら分かってもらえると思ってました!
チームとして続いていく、団体競技ならではの
切なさですね。

息子さんは、ハーフなんですね。
肝心要のハーフ。
頭がよくないとできないポジションですね。
もちろん技術もいるし。
素敵!!
その9番も今後ずっと続いていくんですよね。
ほんと、プレイしている選手はいろんなものを背負って
プレイしているんだと思います。
だから泣けるんですね。
Posted by chika at 2007年01月09日 20:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。