2005年06月18日

すーちゃんとぴーちゃん

なんとウチの垣根にすずめが巣を作っている。
垣根がのびているので、どんな様子か見えないが、
親らしきすずめがせっせとえさ(虫です…)を運んできている。
その様子を見ていると飽きない。
(きっと)2羽(識別不能だから)のすずめが、交互にえさをもって
垣根にはいると、「ギーギージージー」というような雛の声が聞こえる。
そして、また親は飛び立っていく。
1日で何度も何度もそれを繰り返すのだ。
親ってすごいな。ぴかぴか(新しい)

今日初めて垣根の隙間から中を少し覗いてみた。
いた!!
しっぽの短いふわふわの毛でまるまるとした雛が。
もう大きさは充分だけど、まだ飛べないみたい。
かわいい…るんるん
きっと他にも何羽かいるんだろう。

すっかりウチの一員みたいな気持ちになった。
いつもこの時期には垣根のせん定をお願いするけど、
今年はもうちょっと待ってみよう。
大家さんが来ても「もう少し待って」といってみよう。
突然来ないことを祈って。

どうか元気に巣立って欲しい。ぴかぴか(新しい)
すーちゃんとぴーちゃんとぴよちゃん’sよ。
親子の愛と新しい命の愛しさを教えてくれてありがとう。
とっても癒されているよ揺れるハート


posted by chika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。