2007年06月24日

梅雨の季節のからだ

皆様、お元気様です!

奈良では一日中雨雨でした・・・。
今日は少し涼しかったのでまだ過ごしやすく、
雨の日も嫌いではありません。
が!ちょっと気温があがるとあの蒸し蒸しした状況に
なりますよねーーーふらふらあれは苦手です。

東洋医学では、体に影響を及ぼす体外の湿気を「湿邪」と言うそうです。

体外の湿度が高くなる
   ↓
湿は下に沈みやすい傾向がある
   ↓
湿で身体の水分が下に沈みやすい
   ↓ 
循環が悪くなる
という状況がおこります。
湿は下に沈みやすいので、下半身に症状が出ることも多いようです。

水分が停滞するので、水邪で起こっているアトピーは
この時期にひどくなることがあります。

循環が悪いので、体がだるい・ずっと眠い・朝起きづらい・・
などの症状もこの湿邪から起こっていることもあります。

湿度によって体内の水分の循環が悪くなる、というのが
この時期の特徴のようです。

ということで、しっかり水分を出しましょう!
雨の日の中なかなか運動もしにくいですが、できるだけ
歩いて汗をかいたり、腰湯で汗をかいたりするのが効果的のようです。

この時期の野菜や果物も利尿作用があるものが多いです。
そうやって水分を出すのも一つの方法ですね。

体内の水分を溜めないように心がけましょう!

ただし、一つ注意することがあります。
そろそろ暑さも本格的になってきたので、エアコンをつけることが
多くなってきていると思います。
特に職場などでは、自分で調節できませんね。
エアコンのついた状況にいると、脱水状態になるのです。
それが体の調子を崩します。
そういう状況にいる方は、水分をしっかり摂って下さい。
アルコールやコーヒーは利尿作用があるので、要注意です。
お水を飲むのがいいですね。

自分の体のコントロールが難しい時期ですが、体の声に
耳を傾けて、ご自愛下さいませ。



posted by chika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。