2007年08月01日

「案ずるより産むが優し」

皆様、お元気さまです!

案ずるより産むが優し.jpg

バースコーディネーターの大葉ナナコさんの新著、
「案ずるより産むが優し」を読みました。

この本は、

「いつか産みたい」、その“いつか”って?  “産み時”は、一生やって来ない!
平均出生率過去最低と言われても、女性の本音は子どもが欲しい!
でも、仕事のことを考えると、出産後も同じように続けられるだろうか、
保育園の心配も消えない、高齢出産の体力的な不安もあるなど、「産もうか」
「産むまいか」で悩んでいる女性に送る出産のススメ本。
(帯より)

という内容の本です。

読んでみて、「子育ては楽しいよ!躊躇せず産んで欲しい」という
メッセージを受け取りました。
日本は、今特に女性が子供を産むことをいろいろと考える環境に
あると思います。
仕事のこと、お金のこと・・・。
でも、しっかり勉強して強さをもって進めば、仕事も子供もどちらも
手に入れることができるんだ、ということを制度や実体験をもって
示してくれていました。

日本では(特に働くお母さんは)、子供のことを口にしにくい状況
ですよね。
他にも、子供のいない女性に「うちの子はかわいくて〜」なんて、
どうしても言い出せない、っていう状況もあると思います。
そんな中で、「子育ては大変よ!」「子供はいないならいないで自由よ〜」
なんて、つい言っちゃうお母さんも多いのではないでしょうか。
もちろん、そんな部分もあるでしょうが、私が見ている限り、お母さんって
本当に幸せそうだと思います。
大変な部分以上に、幸せがいっぱいですよね。
子供が「ママ〜」って抱きついていく瞬間、これだけはどうしても勝てないや、
って嫉妬することもしばしば。
お母さん達って、みんなこんな幸せな想いをしてるんだなーって、
本当にうらやましくなりますね。
だから、もっと全面に幸せ感を出していいと思うんです。
「子育ては楽しいわ〜♪」「子供がいるって幸せよ」ってね。
まずは、それが少子化への対策の基本です。
子育ては女性ができる、とっても大切な役割で幸せなことなんだって、
女性みんなが思えたら、きっと子供は増えるでしょう。

この本に書いてありましたが、ヨーロッパでは、赤ちゃんを連れているだけで、
街の人たちが微笑みかけてくれたり、話しかけてくれるそうです。
ベビーカーで散歩をしていると、道行く人がベビーをのぞき込んで
「How gorgeous!」って言ってくれるそうです。「ゴージャス!」って。
時には、「こんなかわいい人を見せてもらってありがとう」とお礼を
言われることもあるんだとか。
妊婦さんにも、大きなお腹に口を近づけて、「ヘイベイビー、この世は楽しいぜ」
とか「早く出てこいよー。一緒に遊ぼうぜ!」なんて声をかけてくれるそう
ですよ。
社会全体が、子供が生まれてくることを喜んでいるんですね。

日本も、もっとこんな社会になったらいいのにな〜って思いました。
そういう意味では、日本はまだまだ遅れていますね。

自分では体験していませんが、やっぱり子供を産むってすごい役割だと思うんです。
私はまだ実感できないからこそ、産める人にはその楽しさを実感して、いろんな人に
伝えて欲しいな〜と心から思います。
子供って、本当に天使ですよね。(時々悪魔ですが・・・笑)

女性が仕事と子供の両方を手に入れたっていいじゃないですか!
それが楽にできるように、もっといろんな制度を作って欲しいと
思いますが。

最後に、この本の最後に書かれた大葉さんの言葉を紹介して終わりにします。

今を生きるすべての人が、人生の始めたては、赤ちゃんだった。
抱かれたから、今がある。
喜ばれたから、今がある。
楽しみにされたから、今がある。
これから産まれてくる新しい命を楽しみにするために、
今まで愛された力を使えるのではないでしょうか。

あなた自身がこの世界に産まれてきたとき、
どれだけの喜びを周囲に与えたことでしょう。
自分が生まれた喜びを知りなおして、また、強くなりましょう。

相手の命をゆるし、自分の命をゆるし、心ゆるめれば、
いろんな命が輝きだすはずです。
まずは、自分の未来を、もっと愛し始めましょう。


posted by chika at 22:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 本・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どんないのちも尊ばれる社会であってほしいですね
子供を持つ人、持たない人、それぞれがそれぞれの立場で社会の子供を育てていくことが大切だと思いますね♪
Posted by チビのママ at 2007年08月01日 23:52
>チビのママさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

夏休み、お忙しそうですね。

子供は社会の宝ですよね。
でも、お母さん達は社会のために〜なんて考えるより、
もっと本能で、自分の幸せのために子供をたくさん
産んで欲しいな〜なんて思っています。
それがひいては社会のためになるんですし。

子供とお年寄りが大切にされる社会であって欲しいですね。
そうすれば、自ずとみんなが優しい社会になると思います。
Posted by チビのママさんへchika at 2007年08月02日 07:18
忘れっぽい私ですが
幼児の頃、父の背中に負ぶわれた感触は
今も鮮明に覚えています。
これが 自分の原体験といえると思っています。

難しいことをあれこれ考えて 日々子育てしているわけじゃないけれど 
そんなことが 未来に向かって生きていくための 自信につながっていくといいな。
Posted by ray at 2007年08月02日 08:25
>rayさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

rayさんも夏休みで、お子さんとたくさん一緒に
過ごされているようですね♪

原体験かあ・・・。
そうやって受け継がれるものが「愛」であると、
出産も子育ても楽しく乗り越えられるんだろうなぁ
と思いました。

rayさんの原体験は、お子さんに又新たな原体験として
伝わって、それがまたそのお子さんに・・・と受け継がれて
いくんでしょうね。
楽しみですね。
Posted by rayさんへchika at 2007年08月02日 08:40
ちかさん、いつも素敵なシェアありがとうございます。
わたしも赤ちゃんを連れているだけで、色んな人に声をかけられるようになりました。
自分はそんなことしたことなかっただけに、世の中には温かい人がたくさんいるんだな〜と実感しました。
赤ちゃんは本当に天使ですね。いっしょにいるだけで甘やかな優しい気持ちになります。
できれば望んでいるすべての女性にこの幸せを体験してもらいたい。でもそれがかなわない人もいる。
それが人生ですよね。
ちかさんは流産の経験を経ても尚、こういう話をシェアしてくれる…、すごい人だと心から思います。とても強くて優しい人なんですね。
産む人、産まない人、色々な人生があるけれど、自分が赤ちゃんからはじまったことは紛れもない事実。
最後の大葉さんの言葉、感動しました。
ありがとうございます。

Posted by よっつ at 2007年08月02日 17:03
>よっつさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

いや〜〜ん!よっつさん!
まさかコメント頂けるなんて、本当に嬉しいです♪
よっつさんのブログからもいつもいつも愛を教えていただいています。
ありがとうございます。

そうですね、日本でも赤ちゃんを見ると話しかける人は多いですよね。
でも、もっともっと若い人から男の人も、いろんな人が子供達に
オープンな世の中になったらもっといいのにな〜なんて思います。

よっつさんは、まさに今お母さんとして幸せな時間を過ごされて
いるんですよね♪
いいですねーーー。
子育ての幸せをたくさんの人に伝えて下さいね!
やっぱり実体験にはかないませんから!

私は、全然強くないですよ。
もちろん、嫉妬もしますし、いや〜な気持ちにもなります。
でも、やっぱり赤ちゃんとそのお母さんを近くで見ると、
幸せそうだなーって素直に思っちゃうんですよね。
その感覚が真実かな、と。
流産を経験したからこそ、子供を宿してこの世に産み出すという
素晴らしいことが簡単ではない、と実感しましたし。
私なりに伝えていけることは伝えていきたいな、と思っています。

この世に生きているものは全て、みんな赤ちゃんから始まって
るんですよね。
それを続けていくことの幸せって、きっととっても気持ちの良いこと
だと思います。
そう思える世の中になったらいいな〜って思っています。

よかったら、よっつさんのブログをお気に入りにリンクさせて
もらってもいいですか?
Posted by よっつさんへchika at 2007年08月02日 20:24
chikaさん、こんばんは!!
大葉さんの言葉、、、とってーーーもよくわかります。。。心に響きます。。。

私が、昨年経験した困った事、、あっ違った!とっても面白い事(笑)は、自分の力で立ち直るには、あまりに重過ぎて、大きすぎて、あるセラピストさんに助けてもらいました。。。

セッションの中で、自分が生まれたばかりの赤ちゃんだった頃を思い出し、今の自分が抱きしめるという癒しを経験しました。。。
言葉にならないくらい、感動し、自分が生まれてきた意味を再確認し、自分は、愛されるに値する存在なんだと、実感でき、ありえないくらい泣きました。。。
それまで、自分を責め、自分が大嫌いだったし、自分は誰も愛せないし、愛する事もできないと、悲しみにおぼれていました。。

chikaさんも、つらい経験をされていたんですね。。。

ステキな言葉を教えてくれてありがとうございます。。自分の未来を愛す。。。ホントにそうですね。。。
Posted by ikuyo at 2007年08月02日 21:42
>ikuyoさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

あ〜、私もインナーチャイルドの癒しというワークショップに出て、
小さい頃の自分を抱きしめる、という経験をしたことがあります。
その時はとっても癒されました。
ikuyoさんみたいに、自分をしっかり肯定できるようになりたいです。
赤ちゃんって絶対に誰かから守られていますよね。
そうじゃないと生きていけませんから。
それを忘れちゃうから、いろいろと心のかげりに悩まされちゃうんでしょうね(>_<)

辛い経験も全てに意味があることを知りました。
だって、それも体験したくて産まれてきたんですから♪
ikuyoさんも、辛いことを乗り越えて、それを愛の体験に
変えられたんですね。
素敵です。

私もしっかり自分を許して、愛して、未来を愛して生きていきたいです。
Posted by ikuyoさんへchika at 2007年08月02日 22:28
ちかさん、ありがとうございます。
わたしのほうでも是非リンクさせてください!
誰のブログもほとんど読んでいないよっつですが、ちかさんのはとても惹かれていつも読んでますよ。
家も近いことだしね♪

嫉妬したりうらやましく思ったりって…当然のことだと思います。でも結局は愛の源泉が溢れ出してしまうんでしょうね。そういう人って意識してなくとも勝手に光りだすんですよね。

優しい旦那さんとすべてを共有しているところも素敵です。

またいつかお会いしたいですね!
ではでは、これからもよろしくお願いします☆
Posted by よっつ at 2007年08月03日 10:28
>よっつさん
再びコメントありがとうございます(*^_^*)

リンクありがとうございました!
よっつさんのブログにいつも癒されている身なので、
よっつさんが読んで下さるなんて、本当にありがたいやら
嬉しいやら、恥ずかしいやら・・・です。
これからもよろしくお願いしますね♪

なんだかよっつさんには、とってもよく言って頂きましたが、
私、本当にただの怠惰な主婦なんです・・・(-_-;)
おっととも共有と言うより、依存に近いかも・・(>_<)
自分のいろんな感情を味わいつくしている途中の未熟者です。
でも、それもきっとこの世に生まれてきた一つの目的じゃないかと
自分を甘やかしちゃっています。
いいんです、いいんです(笑)

よっつさん達のブログで勉強させてもらいながら、自分と
向き合っていきたいと思います!
ありがとうございます♪



Posted by よっつさんへchika at 2007年08月03日 17:27
お元気さまです。

赤ちゃん、ホント大好きです。

ずっと見ていたいですよ。癒されます。

てことは、自分も赤ちゃんのとき、こんな幸せな気持ちに誰かをさせていたってことですよね。

誰でも赤ちゃんだった!そうなんですよね。

ゴツゴツした親父さんも、テンパッテルお兄さんも、
誰でも赤ちゃんだった、

そう考えるともう、生まれてきただけで、愛を与えているってことですよね。

もう生まれてきた価値は十分にあるってことですよね。

赤ちゃんに微笑みかけて、微笑みかえしてくれるとなんて幸せな気持ちになるんでしょうね。

それは自分の子供とか関係なく。

赤ちゃんのときの記憶思い出したら、きっとみんな幸せな気持ちになるんでしょうね。

Posted by くーにゃん at 2007年08月04日 10:36
>くーにゃんさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

そうそう、赤ちゃんって本当に癒されますよね。
抱いたらほっか〜って温かくなるし、気持ちも。
それは生まれてきた限り、みんながそうですね。
そうか、生まれてきただけで愛を与えて、与えられたんですよね!
やっぱり素敵だなー♪
みんながそれを実感したら世の中もっと幸せになりますね。
伝えるお手伝いができたらいいな〜♪
お母さん達はもっと世の中に、赤ちゃんの素晴らしさを伝えて
欲しいな〜♪って思います。

Posted by くーにゃんさんへchika at 2007年08月04日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。