2005年07月11日

ホロトロピック

ホロトロピックという言葉を聞いたことはありますか?
あまり聞き慣れない言葉だと思います。
ホロトロピック」という言葉は、高名なトランスパーソナル心理学者、
スタニスラフ・グロフ博士の造語です。
ギリシャ語の「holos=全体」と、「trepein=向かって進む」を合成し、
「全体へ向かう」という意味をもたせています。
そして、ホロトロピック医療とは、人間の心と身体をまるごと、
病気から健康増進、誕生から死に至るまでを視野に入れた
新しい医療の概念として、天外伺朗さんが提唱されました。

これを読んだだけでは ??? ですねふらふら
私にもよく理解できていないかもがく〜(落胆した顔)
詳しく知りたい方はこちらへ

以前紹介した佐賀県にある矢山クリニックは、ホロトロピックセンターとして作られました。
人々の意識の成長・進化を目的とした、
誕生から死までを視野に入れた施設ということです。
ホリスティック医療の実践とともに、気功などを教えることで、
意識の成長・進化までもを視野に入れられています。

そのクリニック医療の補完的な活動をしているのが、ホロトロピッククラブ。

今回そのホロトロピッククラブが主催する、第6回ホロトロピック健康医学フォーラム
7月18日(祝日)に佐賀市で開催されます。
今回のテーマは 食べる 医は食にあり です。
いろいろな方が、食をテーマに講演されます。

私たち夫婦はホロトロピッククラブの会員ですから、もちろん行きます。
人生勉強なので、佐賀まで帰るのも苦にならないかな。
(金欠にはなるけど…ふらふら

誰でも参加できるフォーラムです。
もし近くにいらっしゃる方で、興味のある方はどうぞ一度足を運んでみてください。
人生の転機になるかもしれませんよ!

「生きる」ということを見直してみませんか?


posted by chika at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。