2005年09月13日

爪もみ療法

最近本屋さんにもたくさん本が並んでいる「爪もみ療法」。

手と足の指先にあるツボを刺激する。
ツボは経絡(気の流れの道)の上にある。
手足の先にあるツボは経絡の出発点or終点と言うことになる。
そのツボを刺激することで、経絡が刺激されて、いろんな効果が見られる。
自律神経を整える、
免疫力が高まる、
血液の循環が良くなる、
などの効果が見られる。

それぞれの指のつめの幅を第一関節までおろしていく。
その線上で、爪の生え際と第一関節の中間点が井穴(ツボ)の場所。

爪.jpg

そのツボを親指や、先が丸くなっているようなもので揉んだり
押さえたりする。
まんべんなくやってもいいし、悪いところは痛むので
そこを重点的にやってもいい。

手も足も同じようにやっていくといい。

それぞれの経絡は

手;親指     肺・大腸経
  人差し指   肺・大腸経
  中指     心包・三焦経(免疫系)
  薬指     心包・三焦経
  小指     心・小腸経

足;親指       脾・胃経
  人差し指(親指側)胃経
      (中指側)脾経
  中指  (人差し指側)脾・胃経
      (薬指側)肝・胆経   
  薬指       肝・胆経
  小指       腎・膀胱経


難しく考えずに、痛いところを軽く押したり揉んだりしてみよう。
体が勝手に、調子よくなってくれるかもしれない。


posted by chika at 21:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自律神経免疫療法。
以前僕も通いました〜。
安保先生の本も何冊も買って読みまくりました。

僕が通っていた自律神経免疫療法の医院(こうの内科)は、指だけではなく、オーリングで調べて悪い部分(全身)に注射針を刺すんです。痛いの何のって、そりゃ〜もう…。
(カーテン越しに隣で治療をしている)女の人なんか泣きじゃくってました。
手足の指はもちろん、胸、腹、背中もされるんです。背中がめちゃくちゃ痛かった思い出があります。

こうの医院では免疫療法の後、カラー療法と言うのもしてました。

でも結局やめちゃって、その後はしばらく霊感的な治療の方に走ってしまいました(汗)
Posted by がつう at 2005年09月14日 21:40
指先でできるのは、簡単で全身に効くという意味でお手軽ですね。

全身に刺すなんて、いたそ〜(怖)
でも、矢山先生曰く、ちゃんとツボの場所を刺せばそんなに痛くないのだそうです。
それを見極める力が求められますね。

カラー療法も人をエネルギーと捉えれば、一つの療法ですね。
矢山先生も最近取り入れられているようです。


Posted by chika at 2005年09月14日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

爪もみ
Excerpt: 会社の人から爪もみを教えてもらいました。 耳鳴り、メニエル、不眠から、老眼、糖尿病、ガンまで効いたと話題の「爪もみ」療法。 爪もみのこと、今日はじめて知りました。「爪もみ療法」の本が何冊も出ていて..
Weblog: ふかよんライフスタイルファンド日記U
Tracked: 2005-09-26 22:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。