2007年11月30日

もったいない・・・

皆様、お元気さまです!


先日、食品の偽装や賞味・消費期限の改ざん問題の時に、
ムダのない世の中にしたいですね、という話をしました。

http://chikahealing.seesaa.net/article/63290819.html
http://chikahealing.seesaa.net/article/63719914.html


それに関して、いつも注文するこだわりケーキのお店からの
メルマガにおもしろい記事が載っていたので紹介したいと思います。



【偽装商品も賄賂も寄付しよう】


食品の偽装問題が色々と発覚している。何故、こんなに起こるのか。俺が思
うに、そこには日本人の「もったいない」意識があるのではないか。「もっ
たいない」と言う事はとても良い事だと思う。しかしそれが隠れ蓑となり、
様々な弊害を生み出すのだ。

子供の残したご飯をもったいないと、食べて太ってしまったため高いお金を
出してダイエットしているうちのかみさん。ポーッとしてる時間がもったい
ないと電車の中でゲームをしているお兄ちゃん。高いお酒を飲むのはもった
いないと安いお酒をしこたま飲む俺。これに似ている。

売れ残ったあんこがある。まだ食べられるものを捨てるのはもったいない。
手間ひまかけて大事に作ったあんこだ。それを腐ってもいないのに捨てる事
は出来ない。それじゃ冷凍してまた使おう。俺でもそう考えてしまう。

ではどうしたらいいのだろうか?やはり再利用できないのか?例えば公共の
施設で予算がなく、食費を切り詰めている所などに寄付するなんて良いじゃ
ないかな?実際、外国で貧しい人たちが暮らしている施設などに、ホテルの
宴会であまった料理などを寄付するシステムがあると聞く。これなら一石二
鳥だ。その時は寄付してくれた企業にもいくらかお金を上げよう。

そんなお金何処から出るのか?ある所にはありますよ。国相手に商売したい
会社がこっそり渡す賄賂ですよ。もう、賄賂を無くそうだなんて無駄な考え
はやめようよ。だって貰う人間が法律を考えてるんだもの、抜け道だらけだ
よ。だから賄賂沢山貰っていいからさ、その半分をボランティア貯金として
国に納める。ゴルフおごってもらったら半分のプレー代を赤福にあげましょ
う。天下りしたらその退職金の半分は小児科や産婦人科の先生育成に充てま
しょう。

なに?折角貰ったお金あげるのがもったいない?そんな事言ってると政治家
の賞味期限が切れますよ。
(三遊亭白鳥のスワンのバカ 11月21日読売新聞夕刊より)





面白いと思いませんか?
ちょっと過激な内容もありますが、これが実現したら
今よりはいい世の中になりそうな気がします。
政治家さん、官僚さん、私腹を肥やすためだけの贈収賄は止めて、
もっと世界を見ませんか?


posted by chika at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 お元気さまです。
本当に今日の話、同感です。
もっと、なんでも、透明に、素直に、シンプルになればいいのにね・
 もったいない・・いい言葉ですよね・・
私はいつも言っています・・だって、もったいないもの・・
 いつもありがとう〜。
Posted by yasuko at 2007年12月01日 16:27
>yasukoさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

もったいないっていう言葉があるところは
日本語の素晴らしいところの一つですよね。

モノが有り余る時代。
選ぶときからシンプルに選びたいですね。
透明に、素直に、シンプルに・・・。
素敵です。
Posted by yasukoさんへchika at 2007年12月01日 19:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。