2007年12月11日

「カリギュラ」観ました

皆様、お元気さまです!

週末、念願の舞台「カリギュラ」を観に行きました。
蜷川幸雄演出、小栗旬主演の舞台です。

caligula1.jpg


旬君、人気爆発でチケットが全然取れない俳優さんに
なっている中で、抽選で当選して行けることになりました。
なんてラッキーぴかぴか(新しい)
なんてツイているんでしょうぴかぴか(新しい)

チケットが取れたら、大阪でもどこでも一人で行く予定だったのですが、
なんとさらにラッキーなことに土曜日のチケットが当たって、夫婦二人で
関西凱旋(?)となりました。


素晴らしい舞台でした。
あれは小栗旬にしかできないな、というような舞台でした。
舞台が始まった途端に「旬く〜ん黒ハート」なんて甘い気持ちは
一切なくなりました。
そこにいたのは皇帝カリギュラのみだったからです。

カリギュラって聞いたことありますか?
初めて聞く方も多いのではないかと思います。
ローマ皇帝だった人物の話です。

この舞台のストーリーは・・・

ローマ帝国の若き皇帝 カリギュラは、恋人で妹の突然の死により、
「人は死ぬ。そして人は幸福ではない」という真理に行き着く。
この耐え難い不条理に戦いを挑み、不可能なものを手に入れようと決心する。
「運命が不可能なものであるならば自らが運命になる」と、権力を行使し、
残虐非道な行為を繰り返し暴君となり、人民を恐怖に陥れていくのだが……。


という内容でした。
とにかくカリギュラの悲しみ・怒り・絶望・・・といった感情がもろに
伝わってくる内容で、とても激しい舞台でした。
終わった直後にはもうフラフラするほど、観ている方もエネルギーを
使い果たすような舞台でした。
最近、まあ頻繁に舞台を観に行っていましたが、ナンバーワンの舞台だったと
思います。

私に付いて行ったようなおっとが、私よりもはまりました。
終わった後も、帰ってきてからも熱く語っています。
今まで観た蜷川作品の中では、どれよりもよかったと言っていました。
それくらい、カリギュラという人の生き様を小栗旬という役者が演じて
くれた舞台でした。


原作者のアルベール・カミュは無神論者だったそうです。
だから、このカリギュラも神を信じません。
いや、愛するものをなくし、死や絶望を与える神など越えてやる、という
気持ちを露わにします。
そして権力を使って残虐な暴君をなるのです。
しかし、その裏では神などいなくてもこの世での本当の善や愛を求めて
いたのだと思います。
だからこそ、偽善に包まれた貴族やお金持ちを殺していくんですね。

とても深い内容でした。
神を信じない、切なさ・辛さ・絶望がとてもリアルに感じられました。



この舞台は役者、小栗旬でなければ成り立たなかったと思っています。
彼の代表作になるでしょう。
舞台でこそ輝ける役でした。
大好きな旬君でしたが、もうそんな風には言ってられないくらい迫力が
ありました。
これからは(これまでもそのつもりでしたが、より)俳優小栗旬を
観ていきたいと思います。

早速、WOWWOWで

2008年1月6日(日)22:00〜 

より放送が決定しています。
WOWWOWに入られている方、ぜひぜひご覧下さい!
期待は裏切らないと思います。




caligula2.jpg
観た翌日、帰るときには当日券に並ぶ人がいっぱいでした。
数人しか入れないはずなのに、すごい人気です。







posted by chika at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。