2007年12月16日

ソウルメイトでしょう〜

皆様、お元気さまです!

昨日・今日とフィギュアスケートのグランプリファイナルが
行われていました。
男子の高橋選手はショートプログラムでは1位でしたが、
フリーで逆転されて2位に終わりました。
でも、男子選手が世界に通用するレベルになったと、大きく
胸を張れる時代になりましたね。
素晴らしい選手だと思います。


女子では、ショートプログラムで6位だった浅田真央選手が
フリーでは挽回、素晴らしい演技を見せてくれました。
そして最後はライバルキム・ヨナ選手との一騎打ちになりました。

この二人、同じ歳で誕生日が数日しか違わないという、ライバルです。
同じ様な体型で、同じ様に技術も表現力も最大のレベルを持った
選手同士です。
同じ時代に、日本人と韓国人というアジアに産まれ、同じくフィギュアを
目指し、世界一位二位を争うことになるなんて、これは絶対に
魂の時に決めてきたに違いないと思います。

まさにソウルメイトですよねー。

欧米の手足の長い選手にどうしても見劣りする競技だったものが、
最近では日本人を始めアジアの選手が優勝を競う競技となりました。
彼女たちはそれらの役割も担ってきたのでしょうね。

常にライバルでもあるでしょうが、競い合いながらアジア全体の
レベルアップにも貢献して欲しいと思います。

そして、ショートプログラムから気を持ち直して、しっかりと立て直して
きた真央選手の気持ちの強さにも感動しました。
一回り以上年の差のある彼女ですが、学ぶべきところがたくさんあると
思います。

今日の結果はキム・ヨナ選手が優勝、浅田真央選手が2位でしたが、
これからもずっと切磋琢磨していってくれることでしょう。




posted by chika at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。