2008年01月23日

「出会いのかけら」by ケツメイシ

皆様、お元気さまです!


今日、3本目の親知らずを抜いたchikaです。
虫歯ではなく、噛み合わせの関係で抜くことになりました。
やっぱり、噛み合わせって大切みたいですね。
全身にも影響するようです。


さて、今日は最近気になっている歌を紹介します。
ケツメイシの「出会いのかけら」です。
映画「陰日向に咲く」(劇団ひとりさん原作)の主題歌のようです。


「出会いのかけら」

※巡り会いの中で生きてく また人を少し好きになる
喜びや悲しみさえ全て 自分の事と受け入れたなら
恵 愛の中で満ちてく 逃げずに自分の事も好きになっていく
出会いも別れも乗り越えた 君はもう一人じゃないよ ずっと
永遠に ずっと※

限られた時間の中での人生
覗けば小さいと 思えばいいね
だって この星には 何千何万って人がいて
僕は果たして何番 ?
意味のない そんな順位付け

「人は皆それぞれさ」と踏みつける
今 そこにある自分の立ち位置で
一人一人 皆 懸命に生きてる
その中で 人と人は出会い
願い 描いてく 素晴らしい世界
時にある 裏切りや憎しみも
乗り越えて また 生きていく意味も
結局 皆 繋がってく
その中で 必死に掴まってる
出会いのかけら それを磨けば
これからも無数に 芽生える種が

巡り会いの中で生きてく また人を少し好きになる
喜びや悲しみさえ全て 自分の事と受け入れたなら
恵 愛の中で満ちてく 逃げずに自分の事も好きになっていく
出会いも別れも乗り越えた 君はもう一人じゃないよ ずっと

悲しみを重ね 寂しさを抱え
孤独の中で 人は生きてく
そして出会い 別れ 溢れる日々で
心の隙間埋める かけら集める
世の中 思うように行けない
出会いの先に 何も見えない
ただ 人は様々なとこ 導かれ
お互いの夢を見たいだけ
寂しい別れを いくつもこの先
新たな出会いを 重ねて大人に

「さよなら」はいつも悲しくさせるが
痛みを知って 優しくなれる
受け止める人 裏切る人も
何かに気付かさせてくれる きっと
また自らを知り 進み出す
新たな出会いが 未来を作り出す

人と人が繋がって やがてそれが形になって
決して良い事が起きなくても 出会いとは不思議なもんで
共に涙を流す日もあれば 共に大声で笑う日もある
芽生えた出会いで 描いた証で
人はまた強くなると信じて 出会ってく 逃げずに

拾い集めた 出会いのかけら
一つずつ手に取り 磨いてみる
僅かな光も 温かな手も
握りしめた時から 出会いが愛へと変わって行く

巡り会いの中で生きてく また人を少し好きになる
喜びや悲しみさえ全て 自分の事と受け入れたなら
恵 愛の中で満ちてく 逃げずに自分の事も好きになっていく
出会いも別れも乗り越えた 君はもう一人じゃない
(※くり返し)



流れているのを聴いただけなんですが、歌詞が印象に残りました。
一人を相手の恋愛の歌詞とも捉えられますが、大きく人生の中での
「出会い」「巡り逢い」のことを歌っているように思いました。

巡り会いの中で生きてく また人を少し好きになる
喜びや悲しみさえ全て 自分の事と受け入れたなら
恵 愛の中で満ちてく 逃げずに自分の事も好きになっていく
出会いも別れも乗り越えた 君はもう一人じゃないよ ずっと
永遠に ずっと


この部分が特にいいですよね〜♪
まさに、この繰り返しが人生って感じです。
そして、人は一人じゃない!ってことです。

温かい気持ちになりますね。





posted by chika at 22:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
chikaさん、こんにちわん!
今朝TVで、この映画の主人公を演じている岡田准一さんのインタビューを見ました。
そぅ・・・V6のメンバーのジャニーズの青年ですね。
イメージとは違い・・・すっごく素敵な人で驚きました。
自分に厳しく真剣に生きてるのですよ。
まだ27歳だと言うのに・・・感動しました。
歌も良いし、この映画もきっと素晴らしいのだろうな。

↓記事の「余命1ヶ月の花嫁」は元同僚が感激して話してくれたので、番組は見ませんでしたが知ってます。
聞いてるだけで涙が・・・。
本当の愛ってすごぃですよね・・・。
あと・・・chikaさんの事・・・読みました。
感情に流されるだけじゃなくて、ちゃんと自分を見てるんだね・・・。
『自分が言わせてる』・・・私も思い当たる事一杯です。
まず・・・素直になる事・・・。
これが私に足りない事みたいです。
読んでいて・・・chikaさんに大事なことを教えられました。
それだけでも・・・傷ついて溢れた涙は意味あるものですね。
ありがとぅ!
Posted by ルレクチェ at 2008年01月24日 16:57
お元気様です!
なんだかお久しぶりです(汗)

考えさせられます。
人は一人で生きているのではない。
他の人だけではなく、何十年も出会うことのなかった自分とでさえ 
新しい出会いがあります。
そして、お別れも。
だからこそ私たちは、『今ここ』を歩いていけるんですよね。

抜歯、されたのですね。
痛そうだなあ。。。えらいなあ。。。
残る親知らずはあと1本?!
お口は身体の一番目の消化器官といわれていますものね。
お疲れ様でした(>_<)
Posted by ray at 2008年01月24日 18:24
>ルレクチェさん
コメントありがとうございます(*^_^*)

岡田君、私もちょっと気になりますー。
けっこうストイックでシャイな感じですよね。
撮影でずっと同じテンション(泣く場面)を保っていた・・って
言っているのを見て、やっぱりすごいな〜と思いました。
原作がとってもおもしろかったので、この映画は観に行く予定です!

「余命1ヶ月の花嫁」・・・は本当に涙なしでは見られませんでした。
ずっとうるうる・・・。
24歳ってどれだけ若いのでしょう。
私は彼女が亡くなった歳からの8年間、どうやってすごしただろう・・と
情けなくなりました。
私なりに向き合ってきたつもりだったけど、死ぬ覚悟での毎日だった
だろうか・・・と。

ちょうど自分でいろいろあった時に見たので、凄く反省しました。
結局私は甘えていて、自分勝手だな・・・と。
生きているだけで奇跡なのに、不満だらけだ・・・と。

素直になること・・・大切ですね。
私もなかなかなれないです。
頑固なんですよー、ほんっとに。
それぞれの課題を持っているのが人生ですよね。

これからも一緒に共有させてくださいね。

Posted by ルレクチェさんへchika at 2008年01月24日 20:41
>rayさん
コメントありがとうございます(*^_^*)
お久しぶりです〜。
毎日お邪魔してはいるのですが、コメントも残さずにすいません(>_<)

そうか、自分とさえ新しい出会い・・・!!
そうですよね!
なんだか凄いことに気付かせていただきました。
ありがとうございます。

生きている限り、瞬間瞬間に何かと出会っているんですね。
その連続が人生・・・。
だからこそ「今ここ」が大切なんだなぁ。

こうやってrayさんとお話しできるのも、とても大切な出会いです。

抜歯、意外と痛くなかったですよ。
麻酔が切れた後も、痛み止めもなしで過ごせました。
あと残り一本の親知らずですが、これもまた噛み合わせのために
いずれ抜くことになるかも・・・。
結局虫歯で抜いたのは1本だけになりそうです(>_<)
Posted by rayさんへchika at 2008年01月24日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。