2008年03月08日

「花」 by森山直太朗

皆様、お元気さまです!
今朝新月でした。
まだアファメーション間に合います!
やってみませんか?




今日もミュージックフェア2200回記念 第二夜をみて
ご機嫌なchikaです(笑)

今日は個人の歌が多かったので、ちょっと残念でしたが・・。

その中で森山直太朗さんが歌っていた「花」。
これは中孝介さんが歌って有名になりましたよね。
この曲を直太朗さんが提供していたなんて知りませんでしたー。

今日、まじまじと歌詞を聴いて感動したので、残します。





「花」
  
  作詩:森山直太朗・御徒町凧 作曲:森山直太朗・御徒町凧



もしもあなたが 雨に濡れ
言い訳さえも できないほどに
何かに深く 傷付いたなら
せめて私は 手を結び
風に綻ぶ 花になりたい

もしもあなたの 夢破れ
行き先のない 日々は暮れゆき
信じることさえできなくなれば
せめて私が 声にして
明日に揺蕩う 歌をうたおう

花のように 花のように
ただそこに咲くだけで 美しくあれ
人はみな 人はみな
大地を強く踏みしめて それぞれの花 心に宿す

例えこの身が果てるとも 戦ぐ島風願いに染まれ

花のように 花のように
ただ風に揺れるだけのこの生命
人と人 また 人と人
紡ぐ時代に身をまかせ それぞれの実が撓わなればと

花のように 花のように
ただそこに咲くだけで 美しくあれ
人は今 人は今
大地を強く踏みしめて それぞれの花 心に宿す





紡ぐ時代に身を任せて それぞれの実を撓(たわ)わに、
大地を強く踏みしめて 花を 心に宿しましょう。


posted by chika at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。