2005年11月16日

子供に笑顔を

クリニクラウンという言葉をご存じ?
クリニ=CLINIC(医療機関) 
クラウン=CLOWN(道化師・ピエロ)
日本語に訳せば臨床道化師
「パッチ・アダムス」という映画を見た方は分かるかな)

詳しく知りたい方はこちら

日本でも導入され始めているそうだ。
その活動の一部をニュースでみたのだが、まずトレーニングや勉強が
厳しい。
きっちり知識を入れた上で、臨床のどんなことにも対応できるような
応用力も求められていた。

実際に病院での活動も流れていた。初めての病院訪問。
赤い鼻やカラフルな洋服を着てピエロに扮して病室へ。
初めての子供達は不振な目…。
表情が動かない。
しかし…!!
しばらくクリニクラウンと遊んでいると、子供達が動き出した。
子供だから、叩いてきたり(照れもあるだろうし)激しい
コミュニケーションがあるにもかかわらず、クリニクラウンは
子供達の扱いが微妙にうまい。
激しい動きから楽しい動きに変えてしまった!!
最後には、どの子供も楽しそうに遊びだし、
笑顔!笑顔!

す、すばらしい!!

トレーニングされているだけある。
これは医師や看護師にはなかなかできない分野だ。
だからこそ、きちんと確立されてどんどん発展して欲しいと思う。

ただでさえストレスの多い入院生活の中に、少しでも
楽しい時間を作ってあげて欲しい。
人生の中で、入院生活が辛いだけの思い出になって欲しくない。

だからこそ、

がんばれ!!クリニクラウン!
がんばれ!!子供達!

子供にたくさんの笑顔を咲かせよう!!かわいい


posted by chika at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。