2005年11月21日

小さな演奏会

今日はホスピスでバイオリンの演奏会があるということだったので、
誘っていただき行ってきた。

最近できたホスピス。
初めて足を踏み入れる。
全く病院ではないみたいだ。
木の温もりや太陽の暖かみを感じる作り。
ちょっとしたホテルのようだ。
とても安らかで温かな気持ちになれる。

小さなホールで演奏会が始まった。
音大生だけあって、うまい!
とてもきれいな音色が部屋中に広がっていく。
クラシックはもちろん、童謡や演歌も演奏された。
知っている曲になると、患者さんも口ずさむ。
曲と曲の間に「ありがとう!」という患者さんもいた。

そう、ここにいる患者さんは末期の患者さんばかり。
もう余命少ないと決まっている人たちだ。
話によると、在日日数が30日。ほぼ1ヶ月。
1ヶ月でほとんどの人がこの世を去っていくと言うことだ。
厳しい現実に立ち向かっている患者さん達だ。

もちろん、その病院と同じで患者さん達にも悲壮感は漂って
いなかった。
でも…。
私は複雑な気持ちだった。
死を前に「これが最後に聞く音楽かもしれない」なんて心穏やかに
人はいれるものなのだろうか。
やはり人は希望を持っていないと明るく生きられないのではないだろうか。
「また次の演奏会も聞けるかもしれない」
そう思ってしまうものではないだろうか。
その希望とホスピスはとても矛盾していると思う。

余命心安らかに生きる…ためには何らかの希望が必要だ。
それは宗教でも神でも、未来でも、あの世でもなにか心を預けるものが
あってこその様な気がする。
そのホスピスの詳しいことは分からないが、
ただ、延命治療はぜず、ひたすら痛みを取り続けてゆっくりと
死へと向かって欲しいというだけの医療では患者も家族も心から
満足することはないのではないだろうか。

とても難しい問題だと思う。

ただ最低限、人が死ぬと言うことはどういうことなのか、
死んだらどうなるのか、という死への恐怖心を除いてあげて欲しい。
それがいろんなイベントで取り除かれるものなのか。
少しでも楽しい時間を過ごして…というのももちろん大切だ。
しかし、やはり大きな恐怖はぬぐえない。
人は、今の体を去っても必ず生き続ける。
死は終わりではなく新しい世界への旅立ちなのだ、と
皆が思えるようになったら、きっとホスピスなど必要なくなるのだ。

今の医療にはそういう事をしる機会はない。
もっと、人全体を捉えてこの世を過ごせるような統合医療が
必要だと思う。

今日は、いろんな事を考えさせられた一日だった。



posted by chika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

子供に笑顔を

クリニクラウンという言葉をご存じ?
クリニ=CLINIC(医療機関) 
クラウン=CLOWN(道化師・ピエロ)
日本語に訳せば臨床道化師
「パッチ・アダムス」という映画を見た方は分かるかな)

詳しく知りたい方はこちら

日本でも導入され始めているそうだ。
その活動の一部をニュースでみたのだが、まずトレーニングや勉強が
厳しい。
きっちり知識を入れた上で、臨床のどんなことにも対応できるような
応用力も求められていた。

実際に病院での活動も流れていた。初めての病院訪問。
赤い鼻やカラフルな洋服を着てピエロに扮して病室へ。
初めての子供達は不振な目…。
表情が動かない。
しかし…!!
しばらくクリニクラウンと遊んでいると、子供達が動き出した。
子供だから、叩いてきたり(照れもあるだろうし)激しい
コミュニケーションがあるにもかかわらず、クリニクラウンは
子供達の扱いが微妙にうまい。
激しい動きから楽しい動きに変えてしまった!!
最後には、どの子供も楽しそうに遊びだし、
笑顔!笑顔!

す、すばらしい!!

トレーニングされているだけある。
これは医師や看護師にはなかなかできない分野だ。
だからこそ、きちんと確立されてどんどん発展して欲しいと思う。

ただでさえストレスの多い入院生活の中に、少しでも
楽しい時間を作ってあげて欲しい。
人生の中で、入院生活が辛いだけの思い出になって欲しくない。

だからこそ、

がんばれ!!クリニクラウン!
がんばれ!!子供達!

子供にたくさんの笑顔を咲かせよう!!かわいい
posted by chika at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

今日も熱く語ろう

最近、医療についての記事が多くなって、
つい熱く、しつこく書いてしまっているような気がする…。
ひいている人もいっぱいいるんだろうな、
とおもいつつ、今日もその話題でいってみる。
(しつこくてごめんなさい。その内軽い話題に戻るから)

佐賀で歯科受診して、軽いオペを受けた。
歯の奥の骨が、感染していて腐骨になっていたのを
歯茎を開いて削っていくというもの。
2時間足らずで終わる。
普通に局所麻酔をかけて(抜歯するのと同じように)やる。

矢山クリニックの歯科では、治療時に気の流れを良くする
バランサーという機械をつけて、治療する歯の経絡(気の通り道)の
刺絡をしてから手術にはいる。
それで気の流れが良くなって気持ちよかったのか、
恐怖感は全くないし、オペ中は本当に気分が良くて
ポ〜ッとしていた。
後で思えば、体から悪いものを取り除かれて一気に
気の流れが良くなったから気持ちよくなった気がする。
本当に不思議な体験だった。

そして、当日麻酔が切れかけると、ちょっと痛みが出てきたが、
それもたいしたことなく、傷跡が痛むぐらいだった。
(もちろん痛み止めも処方なし)
眠れるくらいの痛みだったし、起きたらすっかり痛みもなくなっていた。
もちろん腫れたり出血もなし。
翌日の診察でもオッケーが出た。
その時先生が
「普通の歯科治療ならあんなに骨を削ったら次の日は
顔までパンパンに腫れるんです。でも、体の悪い部分を取り除くことで、
今まで抑制されていた免疫システムが一気に動き出すから、この状態で
済むんですよね」
と言っていた。
な、なるほどーーー!!
確かに、すごい勢いで歯茎めくって骨削っているはずなのに、
この痛みで済むなんてすごい!!と身をもって体験した私は、
ただただ納得。
人間の体のシステムのすごさに感動したし、
治療法の正しさへの実感にも繋がった。

この治療でいい方向に行くように願っている。

歯科と医科の融合はこれからの医学にはとっても大切なようだ。
子供をお持ちの皆さんは、まず、虫歯にさせないように
気をつけてあげて下さい。
金属を入れたり、神経を抜いて失活歯(生きてない歯)を作って
しまうことは、大きな損失ですよ。
もちろん大人も気をつけましょう。
posted by chika at 22:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

今日は歯科

佐賀での第2の目的の歯科受診。
今日は、抜いた後のおやしらずの後に弱毒感染していて、骨が腐る部分があってそれを取り除く簡単なオペ。
(骨、削るの!)
麻酔で痛みは感じなかったし、やってもらってる途中は気持ちいいくらいだった。
悪いもの取り除いたからかな?
今麻酔が切れて、ちょっと痛くなってきたけど、でも大したことない。
痛み止めもなく、これなら全然大丈夫。
もらった薬はホメオパシー。
明日、洗浄に行ったら帰る予定だ。
これですっきり治ることを期待して。
おやすみなさい。
posted by chika at 21:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

ドクターヒーラー研究会

今日日は本来の佐賀での目的、勉強会。
矢山先生の元、ドクターヒーラー研究会の日。
医師・歯科医・薬剤師・看護師などの医療関係者向けの勉強会だ。
かなり狭い世界と思われる医療の世界。
頭も固い人が多い中、佐賀だけで(東京でも行われている)50人は集まっているだろうか…。
医療の世界も確実に変わりつつある。
人や自然は物と同時にエネルギー(気)であるという認識ができる医療関係者達だ。
多分一般的には「あやしい」人達。
でも、人を助けたいという気持ちは誰よりも強いように思う。
(自分も含まれると信じたいけど、熱い人達はたくさんいる)
人は治るようになっている。
その邪魔をするものを排除して、自己治癒力を引き出そうという方針だ。
毎回勉強会では、刺激を受けて怠け者の自分を反省する。
今日も、気功をちゃんとして、自分の感覚(と体)を鍛えなきゃ!って猛反省。
人生って忙しいなぁ。
(普段ヒマ過ぎなんだけど…)
posted by chika at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

歯の咬合

ただいま手(パー)
帰ってきました飛行機佐賀から。
やっとちゃんと書ける。
佐賀にいる時は携帯からメールで投稿していたけど、
携帯で打つのは本当に面倒くさいふらふら

昨日午前中に歯科受診して帰ってきました。
金属をはずして、虫歯を治療して新しい詰め物(金属でないもの)をして、
あとは歯の咬合調整キスマーク
要するに、歯のかみ合わせの調整。

歯のかみ合わせってとても大事らしい。
私は歯にしみるところがあって、そこに虫歯が見えないから
もしかしたらかみ合わせが原因かも、ということで調べてもらった。
しかも、かみ合わせが悪いと、骨格はもちろん内臓・皮膚にも異常が出るらしい。
そこで、アトピーの原因にもなってるかも、ということだった。

私の場合、大きくかみ合わせがずれていることはなかった。
(幼い時、矯正治療をしてもらった。指をおしゃぶりし続けて、
前歯が出てたから)
これは、お金をかけてもらってやってもらって本当に親に感謝しているわーい(嬉しい顔)

ただ、親知らずが生えてきて虫歯で抜いたら、
残っている親知らずが伸びてきていたがく〜(落胆した顔)
それが噛んだ時に、周りの歯と当たってロックされて、うまく顎が動かないような
状態だったらしい。
それを、少しずつ歯を削ってもらったりしながら、調整してもらった。

そしたらなんと!
やってもらったすぐから肩や腕からすっと力が抜けて、背中が楽になったひらめき
私は大体が緊張癖で、知らない内に力が入っている。
その緊張がなくなった!ってかんじ。
頭もすっきりしたぴかぴか(新しい)
不眠も治るらしい。
確かに、起きた時の疲労感が違った!
本当に大切なんだな、かみ合わせ。
また体や噛み方、筋肉の癖で少しずつずれることもあるらしいから、
定期的に見てもらうことが大事みたい。

でも、本当に自分が楽になって実感した。

みんなも、歯のことをバカにしちゃいけませんよ!
たまには、感謝して、検診してみては?
(でも、ちゃんとした歯医者さんに行きましょう。金属は毒にもなりますよがく〜(落胆した顔)
posted by chika at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

ホロトロピック

ホロトロピックという言葉を聞いたことはありますか?
あまり聞き慣れない言葉だと思います。
ホロトロピック」という言葉は、高名なトランスパーソナル心理学者、
スタニスラフ・グロフ博士の造語です。
ギリシャ語の「holos=全体」と、「trepein=向かって進む」を合成し、
「全体へ向かう」という意味をもたせています。
そして、ホロトロピック医療とは、人間の心と身体をまるごと、
病気から健康増進、誕生から死に至るまでを視野に入れた
新しい医療の概念として、天外伺朗さんが提唱されました。

これを読んだだけでは ??? ですねふらふら
私にもよく理解できていないかもがく〜(落胆した顔)
詳しく知りたい方はこちらへ

以前紹介した佐賀県にある矢山クリニックは、ホロトロピックセンターとして作られました。
人々の意識の成長・進化を目的とした、
誕生から死までを視野に入れた施設ということです。
ホリスティック医療の実践とともに、気功などを教えることで、
意識の成長・進化までもを視野に入れられています。

そのクリニック医療の補完的な活動をしているのが、ホロトロピッククラブ。

今回そのホロトロピッククラブが主催する、第6回ホロトロピック健康医学フォーラム
7月18日(祝日)に佐賀市で開催されます。
今回のテーマは 食べる 医は食にあり です。
いろいろな方が、食をテーマに講演されます。

私たち夫婦はホロトロピッククラブの会員ですから、もちろん行きます。
人生勉強なので、佐賀まで帰るのも苦にならないかな。
(金欠にはなるけど…ふらふら

誰でも参加できるフォーラムです。
もし近くにいらっしゃる方で、興味のある方はどうぞ一度足を運んでみてください。
人生の転機になるかもしれませんよ!

「生きる」ということを見直してみませんか?
posted by chika at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

今日は歯科

昨日紹介した矢山クリニックに入院施設と歯科ができた。
矢山クリニックでは歯科と医科の融合を提唱されている。
口腔内の金属(アマルガムはもちろんパラジウムも人体に影響があると
言われている)、感染、かみ合わせなどでが病気の原因になっていることが
あるからだ。
パラジウムとは普通の銀歯。
みんな多少は口の中に入っているはず。
いまでも、普通に歯医者さんで虫歯の治療をすれば入れられる。
でも、人体のいろんなところに沈着して悪さをすることもあるのだ。

なんていうと、いろんなところ、人に影響を及ぼすと思うけど、
私は自分の体調で実感している。

今回は、口腔内の感染を一掃するために歯科へ。
6月に開院した歯科に初めて足を踏み入れる。
う〜ん、普通の歯科とはちょっとちがうな。
歯科でも気の流れを診るゼロサーチを用いている。
その材料や薬がその人にちゃんと合っているかみながら治療が進められる。
ここなら安心!と身を任せてきた。
今回は予約が取れなかったので、1日限り。
来月一週間くらいまとめてとってきたから、はまって治療だ。

矢山クリニックはたまたま、私の実家の佐賀にあるけど、
全国から患者さんが集まる。
私は、実家に泊まって受診できるので、かなり助かっている。
みんな、ホテルを取ったりして遠方から通われているのだ。

みんな、自分の体は自分で守りましょう。
いろんな情報があふれている時代。
当たり前のように行われる医療にも自分で疑問も持った方がいいこともある。
患者も勉強!です。
posted by chika at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

私たちが目指すもの

この日は、結婚式以外の用事第1弾。
かかりつけのクリニックの受診。
名前出していいのかな…
悪いこと書かないからいっか。
佐賀県にある矢山クリニックが、ここ8〜9年の私のかかりつけ病院。
HPにあるように、東洋医学と西洋医学を取り入れた統合医療を実践している
病院だ。
ゼロサーチという人の気を診る機械を使って、気の流れを診ながら診断してくれる。
元外科医。県立病院の東洋医学診療部にいらっしゃって、開院された。
私は県立病院からの患者である。

私の持病はアトピー性皮膚炎。
小さい頃からもっていたんだけど、大学時代に急に悪化。
顔が真っ赤っかになっちゃって、皮膚科に通っても治らないし、
渋々(漢方薬が飲めなかったから)東洋医学診療部に受診した。
そしたら、そこでの先生の一言。
「治るよ」
これは、医者にはなかなか言ってもらえない言葉。
特にアトピーでは、そんなこと言ってもらえない。
もう、嬉しくて嬉しくて、この先生にちゃんとついて行こうって思った。
そして、数ヶ月で、本当に症状は軽減して、とっても楽になった。
皮膚科には数年通ってもひどくなる一方だったのに…。
それ以来悪化や軽減を繰り返している私は、矢山先生の元に通い続けている。
完治してない。
それは、やっぱり、最後は自分との向き合う力だからだと思っている。
医者に頼るだけではだめな部分があるんだ。
それが、病気が私に教えてくれることだ。

実は、私は看護士・保健士の免許を持っている。
おっとは曲がりなりに医者。
バリバリ西洋医学を勉強させられた。
でも二人とも、人間って部分に分けられないし、体だけで生きてない。
心とか魂とかあって、魂の勉強のために生まれてくる。
それなら、切った貼ったの世界だけじゃ、人間いいはずないって
思ってる。
矢山クリニックでは、一人一人の気の流れを診ながら、一人一人に合った
薬を処方してくれる。
そして、対症療法じゃなく、大元の原因を探して、
そこを排除する方法を教えてくれる。
それが本当の医療じゃないかなって思う。
もちろん、西洋医学には西洋医学の素晴らしさがある。
細菌には抗生剤は効くし、救急医療は人の命を救う。
でも、癌は切って抗ガン剤を投与し、放射線治療をすればいい(するしかない)なんて
部分はやはり、おかしい。
ただ、結果のものを排除してるだけだから。
なぜ、その人はその病気になったのか、それに気付く方がよほど大事だ。
その原因が物質にしろ、精神的なものにしろ、それに気付いて
これまでの過ちを訂正していくことが必要だと思う。
そのために、病気は与えられているんじゃないかな。

あー、また熱く語ってしまった。
夫婦での夢がある。
いつか独立して、二人で人を癒す場所を作ること。
それに向けて、いま修行中の私たちである。





posted by chika at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。