2007年06月24日

梅雨の季節のからだ

皆様、お元気様です!

奈良では一日中雨雨でした・・・。
今日は少し涼しかったのでまだ過ごしやすく、
雨の日も嫌いではありません。
が!ちょっと気温があがるとあの蒸し蒸しした状況に
なりますよねーーーふらふらあれは苦手です。

東洋医学では、体に影響を及ぼす体外の湿気を「湿邪」と言うそうです。

体外の湿度が高くなる
   ↓
湿は下に沈みやすい傾向がある
   ↓
湿で身体の水分が下に沈みやすい
   ↓ 
循環が悪くなる
という状況がおこります。
湿は下に沈みやすいので、下半身に症状が出ることも多いようです。

水分が停滞するので、水邪で起こっているアトピーは
この時期にひどくなることがあります。

循環が悪いので、体がだるい・ずっと眠い・朝起きづらい・・
などの症状もこの湿邪から起こっていることもあります。

湿度によって体内の水分の循環が悪くなる、というのが
この時期の特徴のようです。

ということで、しっかり水分を出しましょう!
雨の日の中なかなか運動もしにくいですが、できるだけ
歩いて汗をかいたり、腰湯で汗をかいたりするのが効果的のようです。

この時期の野菜や果物も利尿作用があるものが多いです。
そうやって水分を出すのも一つの方法ですね。

体内の水分を溜めないように心がけましょう!

ただし、一つ注意することがあります。
そろそろ暑さも本格的になってきたので、エアコンをつけることが
多くなってきていると思います。
特に職場などでは、自分で調節できませんね。
エアコンのついた状況にいると、脱水状態になるのです。
それが体の調子を崩します。
そういう状況にいる方は、水分をしっかり摂って下さい。
アルコールやコーヒーは利尿作用があるので、要注意です。
お水を飲むのがいいですね。

自分の体のコントロールが難しい時期ですが、体の声に
耳を傾けて、ご自愛下さいませ。



posted by chika at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

飲み物は常温で!

皆様、お元気様です!

やはり湿度が高いと、体もだるいですね。
そして気温が上がると、どうしても冷たい飲み物を欲してしまいます。
でも、要注意!です。

氷を入れた飲み物や、冷蔵庫から出したすぐの飲み物を
飲むと、あっというまに体を冷やしてしまいます。
これは実は良くないことなのです。
まず、普通に体を冷やす、という意味で良くありません。
体温は高めに保つ方が健康のためです。

冷たい飲み物で胃を冷やすと、消化力が落ちて食欲もなくなります。
これが夏バテの原因ともなるそうです。

そして、人間の健康には腸内の温度がとても大切なんです。
腸内の温度は通常37度〜38度あります。
この温度が下がってしまうと、善玉の腸内細菌の活動が
鈍くなってしまうのです。
冷蔵庫で冷えた飲み物は3〜5度!
一気に腸内の温度を下げてしまいます。
そうすると、下痢をしたり便秘をしたりしてしまいます。
さらに、口内にはたくさんの細菌がいますが、冷たい飲み物を
飲んだ途端に腸内の温度は下がり、口内から入った細菌達は
全身へと送られることになるそうです。
これも腸内細菌がうまく働いてくれないからですね。
腸内環境を良く保つことは美肌にもつながります。

暑いときに冷たい飲み物をグッと飲むと、体がサーーっと
冷えて、とっても気持ちが良いですよね。
でも、それは表面上の感覚。
胃腸は悲鳴をあげていることもあります。

夏でも、飲み物は常温で!
これが健康の秘訣です。
posted by chika at 17:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

ポイントは肩甲骨

皆様、お元気様です!

昨日の夜から鳴門に来ています。
今日は一日徳島を満喫しました。
夜には蛍を見に行って、たくさんの蛍に出会って
しあわせでした。
また、詳しくは帰ってからご報告しますね。

昨日、あまりの肩こりのつらさに
ホテルでマッサージをお願いしました。
私の肩こりは歴史が深く、小学校の頃から
マッサージをお願いしていたほどです。
でも、最近は気功やヨーガでほぐす術を知って、
随分楽になりました。
ただ、ここ数週間どうしても首の付け根の凝りが
とれず、おっとにマッサージしてもらっても、
おっとの指が痛くなるほどの凝りのひどさでした。

そこで、昨日マッサージをお願いしたのですが、
プロのマッサージ師さんがに「ひどいですね。
頑固ですね」といわせてしまいました(汗)

そして、この凝りは肩甲骨からきているとのこと。
背中の筋肉がないので、姿勢が悪くなって、
腕・首の付け根に負担がかかっているそうです。
肩甲骨の可動域が狭くなっているとのことでした(><)

そして、普段はほとんど痛みを感じない腰も
硬いので、気をつけないと急にぎっくり腰になる
可能性もあるとのことでした。

運動不足が原因か?と尋ねてみたら、これは体質です、
との返事。
あらーーーーーーー。
それじゃ、気をつけるしかないんでしょうね。

肩甲骨のほうは意識的に動かしたり、背中の筋肉を
鍛えたりしなくてはいけなさそうです。

肩甲骨ってすごく大切ですね。
結構体のポイントになっているようです。
骨盤と同様に大切な役割をしてくれているのでしょう。

しっかりほぐしていきたいと思います。


明日は、途中で知人と会って帰ります。
では、またゆっくりご報告しますね。
posted by chika at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

女の長生きの秘訣!?

皆様、お元気様です!

最高気温27度晴れ
暑っどんっ(衝撃)
すでにバテ気味・・・のchikaがお送りします(笑)


先日、新聞か何かでこんな記事を読みました。

「食べたいものを食べるのが健康の秘訣です」

へぇ〜〜〜。
以前にも女性は自分が食べたいものを毎日作って
食べるから、男性より長寿なんだ、といったことも聞いた
ことがあります。

おもしろいですねーー。

確かに、だいたい女性が食事の準備をし、自分が食べたいものを
メニューに選ぶことが多いですよね。
それが長寿の秘訣とは!

まあ、これがデータとして実証されているかどうかは分かりませんが、
こういうことがあってもおかしくないと思います。

体は正直にいろんなことを訴えていると思うのです。
今日は濃いものが食べたいな〜と思うときは、
汗を良くかいて塩分を欲している、とか、
おみそ汁やお吸い物をつけようと思ったときには
水分を欲しているとか、
ちょっと甘めの味付けに・・というときは疲れているとか。

それにちゃんと耳を傾けて従うと、体は健康になるのかもしれませんね。

ただし、ちょっと難しい問題があります。
欲との闘いです。

普段からちゃんと自分の体を観察していると、本当のからだの
声が聞こえるはずなのですが、最近のモノの溢れた生活では、
欲す前に摂取過多なんですね。
だから、体が本当に欲しているモノではなく、白砂糖や油脂、化学物質など
中毒性のあるモノを欲していると勘違いしてしまうんですね。

これを勘違いしないようにするためには、普段から白砂糖・油脂・
化学物質の少ない食生活を心がけることが大切だと思います。

そうして自分の体を感じていたら、本当に体が求めているモノが
分かるようになるのではないでしょうか。

と偉そうに書いてみましたが、欲に負けっ放しの私・・(>_<)
毎日、自分の体が本当に欲している料理を作れるようになりたいものです。
おっとには悪いけど・・・(笑)

posted by chika at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

体へのイエローカード

皆様、お元気様です!

なんだかこのブログのコメント投稿の調子が悪いようです・・。
理由は分からないのですが、せっかく投稿して頂いたのに
反映されないこともあったようです。
本当にすいません。
これに懲りずにまたコメントお願いしますね。


さて、私が好きな本の著者に寺門琢巳さんという
整体師さんがいます。
これまでにも、骨盤体操などを紹介しました。

今日はその方のブログからこの時期の体の対処法について
紹介したいと思います。

寺門琢巳の「だから!カラダ!元気!」(click!)をご覧下さい。

ここには、この時期の「湿気」にに体が対応することが大切だと
書かれていました。
確かに、暖かくなると共に随分むしっとする時間が増えましたね。
私は湿度に敏感なので、すぐに具合が悪くなります。
これを乗り越えるには春と夏の間にある「土用」のシーズンの
過ごし方が大切なようです。
土用といえば土用の丑の日が有名ですが、これは夏の土用ですね。
土用は年に4回あるようです。

春の土用は4月17日〜5月5日でした。
もう終わってしまいましたね・・・。
実はこの間の過ごし方が春・夏を迎える体づくりに大切だったようです。
そしてこの時期に食べ過ぎていると、体へのイエローカードが
出ていることが多いようですよ!

食べ過ぎると、消化吸収の役割に大きく関わっている膵臓の働きが
鈍ってしまうそうです。
そうなると、もうサプリメントや健康食品を摂っても効かない(>_<)
困ったことになりますね。

さて、春の土用の間に食べ過ぎたという方(もちろん私ですが・・(>_<))、
体調を崩す前に、メンテナンスをしましょう。

貯まったエネルギーを消費することが必要だそうです!

カロリーを控えめにして、自分の足で歩き、体を動かす。
そして腰湯でしっかり汗をかきましょう


ということでした。



私は夏がとーーーっても苦手なので、今からしっかり体づくりを
しようと思います。
カロリーを控えめに動く・・・(・o・)
一番苦手な分野ですが、なんとか自分の体を大切にしなくては!

どうぞ、みなさんも体のイエローカードの声聴いてみましょう。
posted by chika at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

とろ〜んとしたまま・・

皆様、お元気様です!

昨夜AM1〜3時に、小栗旬君のオールナイトニッポン!を
聴いたchikaです(^_^;)
途中で記憶は途切れ途切れですが、旬君の声を
イヤホンで聴きながらの時間はさいこーー!でした\(^_^)/
さらに暴走気味の私です・・・(-_-;)←いいんです、いいんです(^o^)


さて、今日はおっととヨーガに行き完全に副交感神経優位の
状態で帰ってきました。
ただいま21時ですが、このまま夕食も抜いて寝てみることに
しました。
いつも1時2時まで起きて朝は5時起き・・・という生活。
でも人は本来なら22時〜2時の間に寝てなくちゃいけないんですよね。
ホルモンや神経伝達物質がしっかり出るのはこの時間なので、
きちんと体を休めておかないといけないらしいのです。

せっかくとろ〜んとした状態で帰ってきたので、
全てを朝にまわして寝てみることにします。
21時就寝3〜4時起きという生活を今日だけやってみまーす。

また明日どんな体調か報告しますね!

ということで、今日はこれで失礼します。
おやすみなさいませ・・・眠い(睡眠)
posted by chika at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

体をほぐす

皆様、お元気様です!

今日は、今だ〜〜い好きな小栗旬君の熱愛の
ニュースを見て動揺しているchikaです(笑)
久々の私のトキメキなのにいやーーーんふらふら
と勝手なことを言っていますが、いいんです、いいんです。
おばちゃんは旬くんが幸せならそれでいいのよ〜(涙)



今日はなんだか全然気持ちが乗らなくて、
掃除をしてもスッキリしないし、本にも集中できない、
音楽を聴いてもあんまり楽しくない・・・と
しんどーーーーい日でした。
そこで、ちょっと自分の状態に目を向けてみたら、
体がカチコチなんですねあせあせ(飛び散る汗)
特に肩から背中がパンパンです。

ということで、軽くストレッチとヨーガのポーズで
体をほぐしてみました。

そうしたら、気持ちもスッキリ!!ぴかぴか(新しい)

やっぱり体と心は密接に関係しています。
体が凝っていたら、心も凝っちゃうんですね。
もちろん、その逆も然り。

だから、どちらからでもほぐせると思います。

今回は何をしても気分が乗らないので、体の方から
ほぐしてみました(*^_^*)

体をほぐせば、血流がアップします。
血流がよくなると、体の凝りは改善されますし、
脳の血流がよくなれば、気持ちがすっきりするという
ところにつながりますね。

東洋医学的に言えば、体が緩めば気の流れが
よくなりますから、意欲も出てきます。

気功もヨーガも、体をゆるめてほぐすところから
精神も落ち着かせよう、という方法ですよね。

ということで、なんだかスッキリしないな〜という
時には、体からアプローチしてみましょう!
軽いストレッチでも、ヨーガでも、気功でも、
ピラティスでも、ダンスでも、な〜〜んでもいいのです。
自分が体をほぐせるな、という方法を一つ知っていたら、
効果あり!だと思います。

posted by chika at 19:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

水も過ぎれば毒になる

皆様、お元気様です! 

以前に「水を飲む」というタイトルで
記事を書いた。
そして、最近まで水を意識的に飲むことを続けていた。

でも・・・。

ごめんなさい!!m(_ _)m

間違っていたようです。

数冊の本を読んでいたら、どうも

「水を無理に飲むのは良くない」

らしいのです。
人によって腎臓の機能が違うので、無理の飲むことで
むくみが出たり、内蔵に負担がかかったりするらしいのです。

「文藝春秋」2007年3月号の新養生訓という
記事で「水も過ぎれば毒になる」ということについて
取り上げられていたので、簡単にご紹介したいと思います。


アメリカで行われた「水飲み大会」で、約2ガロン
(7.6リットル)の水を飲んだ女性が急死。
死因は水中毒。
生体に不可欠な水や塩でもとりすぎれば毒になる、
ということのよう。
この大会は「トイレを我慢してゲーム機を当てよう」という
呼びかけで、15分ごとに手渡される240ミリリットル瓶の
水を、トイレに行かずに何本飲めるか競ったそうだ。

まあ、これは極端な例なのだけど、健康な人でも
1日2ガロン飲めば、低ナトリウム血症になる可能性が
あるということ。

特に脳は、血中ナトリウム濃度の変化に敏感なのだそうだ。

ここからは、「新・養生訓」からそのまま引用させて
いただきます。

昨今、のどが渇いていないのに、水を飲む人が
目につく。体が水分を必要とするとき、脳の深部に
ある神経中枢が刺激され、「渇き」の感覚が起こる。
指令を無視するほどの不足も過剰も、脳は苦手なのだ。
「あつもの(熱い吸い物)も、湯茶も、多く飲むべからず。
多く飲めば脾胃に湿を生ず」「酒・茶・湯水を多く飲まず、
瓜・菓・冷麺を多く食はざるは、是皆、内湿を防ぐなり」と
貝原益軒翁は戒める。
腎臓機能が正常で、ひどく汗をかかない健康な人は、
1日約1リットルで十分。脱水や腎結石の予防には、
1日約1.5〜2リットルを、飲みたいときに飲めばよい。
現代人よ、体の指令に耳を澄まそう。



以前「水を飲む」に書いた1日1.5〜2リットルの
量ならば、特に問題はないようですが、無理に飲む必要は
ないと言うことのようです。
他の本にも書いてありましたが、人の体は正直なので
足りなければ飲み物を欲するし、いらなければ欲さない。
そういう自分の体の声に素直に従うのが一番良さそうです。

ということで、水分をとらなさすぎるのはいけませんが、
無理にがんばって飲み過ぎることも不必要ですね。

みなさん、自分の体の声に正直に従いましょう。
自分の体が一番自分を知っている、ということでしょうか。
posted by chika at 21:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

ムーンサイクルダイエット〜下弦ー新月編〜

皆様、お元気様です!

明日(10日)は下弦の月です。
そこで、前回に続き、下弦〜新月の間の
ムーンサイクルダイエットについて紹介したいと思います。

体の浄化力や解毒力が高まり、余分なものを吸収しにくく
なる時期。同じものを食べても太りにくい時期なので、
太りやすい食材も、この時期だったら食べてもかまいません。
ですが、この時期に太りやすい食材を我慢してがんばると、
体重がグンと落ちます。朝食は軽めにして、昼食や夕食は
野菜のおかずと魚か鶏肉、豆製品のおかずをメインに、
ご飯は控えめにするよいでしょう。


この時期は、少々食べても大丈夫で食べなければ痩せるという
ダイエットにはとてもいい時期のようですね。
個人的には、私はご飯を食べない食事というのには反対です。
痩せたいのならば、ご飯とおみそ汁(野菜)にする、という
食生活をおすすめします。
日本人の主食は元来お米ですから。


この時期のワンポイントは・・
精神的には気力が充実し、元気な時期。物事を
冷静に考えることもでき、趣味や仕事に思い切り
打ち込めます。体の浄化力が高まっているので、体に
たまった汚れや古い角質を取り除くケアがおすすめ。
ただし、肌が乾燥しやすいので、保湿ケアもしっかり
行います。


新月に向かって、精神的にもとてもいい時期のようですね。
せっかくなので、集中力を高めて物事に取り組んでみましょう。
私は、いつも以上に肌の乾燥に気をつけまっす!

(以上太字部分は「ゆほびか2007年1月号」より抜粋)

ムーンサイクルダイエット〜満月ー下弦編〜はこちら
posted by chika at 20:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

玄米の炊き方

皆様、お元気様です!

今日はとっても温かい一日でした晴れ
立春を過ぎたとはいえ、まだ2月。
本当なら一番寒い時期ではないのかなあと思いながら、
ポカポカ陽気を楽しみました。


さて、今日は我が家の玄米の炊き方を紹介したいと思います。
我が家では、普段から玄米を食べています。
精製していないお米は、いろんなミネラルを含んだままで
食物繊維も多いですね。
ただ、その分消化に悪いのも事実なんです。
だから、胃腸の弱い人やお年寄り・子供など消化能力の
弱い人はあまり無理をして食べない方がいいかもしれません。

ウチでは、できるだけ消化にいいようにと思って炊いています。

位置情報まず、玄米を洗ってお水に6時間以上浸けます。
 (これは本当は24時間くらい浸けるのがいいそうです)

位置情報そして、炊くときのお水の量を炊く玄米の量より約1合分
 多い白米の水の量で炊きます。
 例えば 玄米1合ーーー白米1.5合の水の量
     玄米2合ーーー白米3合の水の量
(これは炊飯器にもよるので、何度か調整しながら決めた方が
 いいと思います)

あとは普通に炊飯ジャーで炊くだけです。
ウチではもう白米を炊くのと同じメニューで炊いています。

これだけで、かなり玄米がやわらかく炊けます。

先ほどもいったように、玄米は消化に悪いのでしっかり噛んで
食べることが大切ですひらめき
口の中でとろとろになるまで噛む必要があります。
上記のような炊き方をすれば随分やわらかく炊けますが、
もしやわらかくなるまで噛んで食べることができないなら、
無理して玄米を食べる方が、健康に悪いかもしれません。

あとは圧力釜で炊く、というのも柔らかく炊ける方法の
ひとつだと思います。

いろいろ試して、負担にならずに自分たちに合った柔らかさ
に炊けるようにするのがいいですね。
くれぐれも無理して食べないように。
食事は美味しく食べるのが一番exclamation
健康のコツですね。
posted by chika at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

笑いの効用

皆様、お元気様です!

最近では「笑う」ことでナチュラルキラー細胞という
免疫に関係する細胞が増えることが実験で検証されて
いますね。
笑いで病気が軽減・治癒するということも言われています。
だから「笑う」ことはとっても大切だと思いますわーい(嬉しい顔)

テレビで、さんまさんが「笑い」による他の効用も
言っていました。
それは・・・顔〜あごの肉がたるまないということexclamation

笑うことで顔の筋肉やあご〜首の筋肉が良く動くので、
歳を取っても、あごのラインが変わらないらしいのです。
そういえば、さんまさんのフェイスラインって変わって
ないですよね!
50歳にして、全然二重あごではありません。

そう!笑うことでフェイスラインもきれいなまま!
健康も保てる!
周りの人も元気にしたり、幸せにしたり!
笑うことで不幸になることが何もないように思います。

ぜひぜひ、どんなときも「笑ってわーい(嬉しい顔)」過ごして、
いつまでも若々しくいましょう!
posted by chika at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

3ヶ月ぶりのヨーガ

久々にヨーガに行きました。
私が通っている教室は町の講座だったので、
3ヶ月ごとにリセットされて、その都度申し込みが
必要なのですが、10月からの申し込みをすっかり
忘れていたので、行かなくなっていました。
今日は、開放講座で1回ずつ自由に参加できる
教室に参加しました。

家でも、寝る前に軽くヨーガのポーズをしたり
していたのだけど、3ヶ月ぶりにちゃんと体を
動かすと、カチコチになっていましたあせあせ(飛び散る汗)
動きに左右差が出てきていて、体が歪んでいることを
実感してしまいました。
やっぱり、続けることが大切ですね。

今日のヨーガでの話は呼吸の役割について。
ヨーガでは呼吸がとても大切です。
人は心と体の間に「気」というものを持っています。
呼吸によって「気」の流れをよくできるそうです。
そう、気功でも呼吸はとても大切になります。

呼吸を意識してコントロールすることで、気の流れを
よくして、心と体の調和をはかるという目的があるそうです。
そして、呼吸を落ち着けると表面の感情の波が静かに
なるので、より奥にある自分の本質と向き合うことが
できるようになる、ということでした。

なるほど〜〜、でした。

やっぱり呼吸は大切ですね。
まずは腹式呼吸。
吐く息を吸う息の長さの2倍にします。
たとえば5秒で吸って軽くとめて、10秒で吐く。
これがワンセットになります。
これを数分やるだけで、気持ちは落ち着いてきます。
呼吸をやっている間は、吸う・吐くだけを意識します。
そうしている間に、嫌なことも忘れていきますね。
特にカッちっ(怒った顔)としているようなときは有効です。

一日に一度は呼吸に意識を合わせる時間を作ってみましょう。
posted by chika at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

ホホバオイル

この時期の空気の乾燥はアトピーには辛い。
ただでさえ、炎症を起こしては皮が剥がれるという
病態を繰り返しているのに、空気は乾燥する、
汗はかかない、で全身パサパサになる(>_<)

そして乾燥すると痒くて・・・の悪循環が始まる。

一応、私の予防策としてはお風呂上がりには
全身にローション(化粧水)を塗る。
その上からこれまた全身にホホバオイルを塗る。
これでしばらくの乾燥は防げるけれど、それも
時間の問題・・(__;)

どうしても自分で保湿できないようだ。

でも、ホホバオイルはオススメ。
普通に乾燥しやすいだけの人なら、かなり効果ありだと思う。
ホホバオイルは人間の皮脂に一番近いオイルだそうだ。
塗った後も、一瞬はべとつくけど、すぐにさらさらになる。
私は頭皮マッサージ用にも使っているし、滅多にしない
化粧の時のクレンジングのワンステップに使っている。
(まず、オイルを塗ってコットンで拭き落として、
 石鹸で洗顔する)

軽いアトピーが治った友達も知っている。
優れもののようだ。

私が使っているのはこちらのホホバオイル→こちら
(左側の検索でホホバオイルと入れてください)

ちょっと高めだけど、天然の質のいいオイルだ。

乾燥の気になる方は、オススメします。
一度お試し下さい。
posted by chika at 21:44| Comment(3) | TrackBack(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

3日坊主にならないように

日曜日から寝る前に気功を始めた。
背骨の周りの深い筋肉をゆるめることで、背骨を
ゆるめるような気功。
特に、命門(おへその後ろ・背中側)という場所を
開くように動かす。
すると、大の字に寝ても背骨がぴたっと床にくっつく
感じになって、気持ちがいい。
大の字に寝にくい人は、背骨の周りの深部の筋肉が
固まっているから、苦しいのだそうだ。

ヨーガで、死体のポーズといってただ仰向けに力を
抜いて寝るポーズがある。
一番簡単なようで一番難しいポーズといわれる。
確かに、体をゆるめることができてないとリラックスを
味わえないのだ。

気功もヨーガも、気の流れを見るのだから似ているなあと思う。

寝ころんでやれるし、寝る時も気持ちいいが、起きた時に
体がスカッとしている。
効果ありだから、やろう!という気になっている。

昨日でちょうど3日。
三日坊主にならないように続けよう。
posted by chika at 17:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

骨盤体操

昨日の話題の続きで。
今日はおっとと二人で骨盤体操をやってみました。

詳しくはこの本を

4344007964.01._SCMZZZZZZZ_.jpg


まず、こうやって・・・
(おっと登場(〜o〜))

hiraku.jpg
骨盤が開き傾向か
(この状態で膝が床から浮かないのがベスト)



tojiru.jpg
骨盤が閉じ傾向か
(この状態で膝が床から浮かないのがベスト)


をチェックします。

どちらもできると骨盤はニュートラル!

でもどちらも出来ないと上の写真のように骨盤は錆び
ついているということ(>_<)

私は閉じる傾向にあり(下の写真の体勢はできます)、
骨盤をゆるめる体操をしました。
(興味のある方は上の本を参考にしてください)

骨盤を動かすような運動をいくつかやっていくと、
下半身に血液と気が流れていくのが実感できます。
気の流れが「頭」モードから「体」モードになる瞬間。
これがとっても気持ちがいい♪

最後はまっすぐ立って体操が終わるのだけど、
その時に、骨盤の上にまっすぐに伸びた背骨がきっちり
乗っている感覚を味わいます。
立っていること自体が気持ちよくなる。
これが骨盤が安定した状態ということなのでしょうか。

体を動かして、骨盤を安定させて、背骨をまっすぐに
のばすと、地に足をつけることが出来ます。
グラウディングですね。

ということで、休日の夜を気持ちよく過ごしましたとさ(笑)
posted by chika at 23:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

季節の変わり目

9月に入って、急に涼しくなった。
朝晩は冷えるし、日中も過ごしやすい。
季節は移り変わる。

それに合わせて、体も夏→秋モードに変わるようだ。

汚い話だが、数日前に下痢が続いた。
腹痛もなく、朝の決まった時間にトイレに行くと、
なぜか下痢。
そんなに無茶した食生活もしてないのになぜ??と
ちょっと不思議に思っていた。

腸炎だろうか?でも痛みはない・・・。
何か悪い病気?などと頭はいろいろと考える(^_^;)

そんなときに、寺門琢巳さんのブログをチェックしたら、
このような記事が。

ブログはこちら



(勝手に掲載させて頂きます)

秋になると夏の間からだの冷却水として使われていた
体内の水が、不要になり【下痢】として対外に排出されます。
これがぬけられないと「ダル〜〜〜〜〜(-_-;)」くなるのです。



うわ〜〜、今の私はまさにこれ!?といった感じ。
痛みもない、原因も分からない下痢。
これは、体が秋モードへと移行する途中経過だったようだ。


ということで、


♪♪♪ 下痢をおさめよ☆レシピ ♪♪♪

ズバリ脚湯です!

膝下までの足湯です。この時季気持ちよいよ〜〜〜



との解決法を読み、すぐには足浴できなかったので、
まずは久々に家の中で靴下をはいて足を暖めてみた。

そして、消化能力も弱っているだろうと思って
いつも食べる玄米は玄米粥に。

そうしたらびっくり!
翌日には形のあるものに回復!

気候に合わせて、体も変化中。
いろんな症状がでるかもしれないけど、むやみに
薬で抑えず、からだにがんばってもらおう。

posted by chika at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

偏頭痛

友達から昨日から偏頭痛がすると電話をもらった。
突然始まって、一晩寝ても治らないとのこと。

私自身は肩こりによる頭痛はひどいが、
偏頭痛持ちではないので、対処法が分からずちょっと勉強。

偏頭痛(片頭痛)は人により症状は違うが、
頭の片側のこめかみから目の奥などが痛くなる症状がでる。
収縮した血管が拡張する時に起こる痛みのようだ。
その原因は過労・睡眠不足・精神的ストレス・女性ホルモンの低下・
環境の変化など。
そして、マグネシウム不足とも言われているようだ。

結局は規則正しい生活や食生活を見直す必要がある。

マグネシウム不足にはサプリメントをとってもいいし、
食材なら大豆製品やひじき、魚介類に含まれている。
和食をしっかり摂ると良いと言うことかな。

そして、光が偏頭痛を誘発することもあるらしいので
部屋を暗くして休むといいようだ。

偏頭痛に効くアロマは・・・
ユーカリ
ラベンダー
ローズマリー

ラベンダーは直接こめかみに塗ると良い。
ローズマリーは痛みに効果があるので、痛みを取り除きたい
時には最初の選択だろう。

偏頭痛に苦しむ人は多いし、こればかりはなった人でしか
分からない痛みや不快感だと思う。
その時だけ我慢!とあきらめずに自分なりに対処法を
見つけ出してほしい。
posted by chika at 19:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

あ〜脱皮って辛い

昨日は「きれいな蝶になる〜」と堂々と
宣言したものの、蝶の脱皮もこんなにつらいのだろうか?
と思うほど、苦しかった(>_<)
右の鼻の奥が火の焼けるように痛くなり、そこから目や頭の
痛みにつながっている。
涙はポロポロ・・・。
今日になると、右側だけほっぺたに、歯・歯茎までが
痛くなってしまった。
どうも副鼻腔炎を起こしているらしい。
下手したら上顎道炎かも。
やばいーーーーーーー。
昨日の夜のあの辛さは、副鼻腔が膿もうとしていた痛みだったのね(+_+)

と言うことで、今日は朝洗濯物を干しただけで、
後はソファの上。ずっと寝ていた・・・。
病気を治すのには、動物のようにじーーーーーーーっとしている
のが一番!

そしてその間に、風邪の漢方を飲み、佐賀の矢山先生のブレンド、
免疫力のあがる煎じ薬を飲み、矢山先生処方のホメオパシーを
口に放り込み、アロマオイル(ユーカリ)をかぎながら、右側だけ
保冷剤で冷やし、ひたすら鼻に溜まっている汚い物を出す作業。
しんどい・・・。
しっとりティッシュでも、鼻の周りはヒリヒリッ。
これなら抗生剤を飲んだ方が楽なんじゃないか、と
何度も思ったが、ここまでは何とかがんばっている。

自分が治る力を引き出さなくては!!

それにしても、アロマオイル(ユーカリ)の即効性にびっくり!
もう、私の鼻は何もにおわない状態。
とりあえず、それでも何度も吸い込んでみる。
そうしていたら、鼻に詰まっているきたな〜いものが
取れるようになった!
におわなくても、花のディーバ(妖精)はたくさん働いて
くれるらしい。
本当にありがたかった。

そして後は、とにかく細胞さんに感謝すること。
「細胞さんいつも働いてくれてありがとう〜」といいながら
自分に「手当て」をする。
それだけでずいぶん痛みが違うものだ。
大切なんだね〜。

ということで、自分が信じる医療を最大に生かして治療中。
もう治って欲しいなあ、と祈りつつ治るまで休もう。
(といっても、これから掃除しなきゃ・・・)

posted by chika at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

脱皮中・・・(+_+)

風邪が悪化してしまった。
止まらない鼻水とえづくほどの喉のイガイガ。
そして時々呼吸が苦しいほどの咳。
体はだるく、熱は微熱。

完全に夏風邪だ・・・。

風邪は脱皮や衣替えと言われる。
普段疲れているところから排泄して、きれいにしてくれるのだ。
また、その季節にあった体になるためのもの。
だから、季節の変わり目にひきやすいのね〜。

どうもいろいろため込んでいたらしい私は、
急激に排泄中。
普段から「しんどいな〜」って思っているのに、
こうやってあからさまに病気になると、普段の体がいかに
楽なのかを思い知らされる。
普段の感謝も足りないのね。

ということで、このさい出す物出して、皮を一枚も二枚も
脱いで、華麗な蝶に(?)なろうと思う。

あーーー、人の体ってよくできているのね〜。
ありがとうございます。
posted by chika at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

腰痛のためのメニュー

昨日の腰痛の続き。

今日は、昨日紹介した寺門琢巳さんが教えてくれる
腰痛に苦しんでいるアナタのためのメニューをご紹介。

<ぎっくり腰はまず休む>
まず、一番楽な姿勢で寝る。
2日間はゆっくりしよう。
気持ちのいい姿勢だと、からだがオートマチックに調整
してくれるそうだ。

<動けるようになったら>

かわいい足の指の間をさする
  足の指の間を気持ちがいいくらいの力でさする。
  
  骨盤のゆがみと緊張を取ってくれる。

かわいい太股をさする
  太股の外側を下から上に向かってなでる。
  
  太股のと外側の靱帯がゆるみ、内側と外側のバランスを
  調整する。

かわいいバンザーイ・ブラーン体操
  (1)まっすぐに立った状態で、息を吸いながら
     ゆっくりバンザイする。

  (2)息を吐きながら腕をゆっくり下まで降ろして
     ぶらーんとする。その時、首に力を入れないように。

  (3)これを3回繰り返す。

   縮み上がった背筋がゆるむ。

かわいい足首をあたためる。 
  <ホットパック>
  ホットパックを直接足首に当ててあたためる。
  足首をくるむようにして。

  <足湯>
  バケツなどに45〜47度のお湯をはり、くるぶしまで
  お湯につける。
  5分間。

かわいい頬骨をそろえてみる
  (1)鏡を見て、顔の左右のバランスを見る。
  (2)両手で顔の左右をそれぞれおおい、あたためる。
     骨がやわらかく、生きているのを感じてきたら、
     下がっている側はより下げ、上がっている側は
     よりあげる。
 
   頬骨をそろえることで、骨盤・頭蓋骨が調整される。



とてもおもしろい方法が紹介されている。
この寺門さんの本は一度読んでみると本当におもしろい。
オススメです。

この記事の紹介はこちらの本からでした。
他にも頭痛・肩こり・目の疲れ・便秘や生理痛などなどの
対処の仕方も載っているので、重宝します。
posted by chika at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。