2007年09月14日

日本人だから

皆様、お元気さまです!

今日は曇り〜雨と言っていたのに、すごくいい天気でした晴れ
洗濯物も乾いて、ハッピィです。




・・・が、ちょっと暗い話題をお話ししてみようかな。
このブログには書かないようにしていますが、というか日頃、怒りや
辛いという感情に焦点を当てて膨らませないようにしていますが、
(思っても、認識したらすぐにこれにも意味があると転換します)
やっぱり不条理なものに対しての感情ってありますよね。


最近で言えば、政治でしょうか・・・。
いや政治に関するマスコミ報道といいますか。
安倍さんが辞意表明をしたことに対して、私はそう悪いとは思いません。
まあ、タイミングは悪かったかもしれませんが、これも彼一人の責任では
ないのではないでしょうか。
いろんな力が働いていることは明確です。
周囲の人達との絡みもありそうですし、ひいては他の国の意思も関係している
かもしれません。
(だからといって安倍さんの政治手腕が素晴らしかったとも思いませんが。)

それに対して、これまで辞めろ辞めろと報道してきたマスコミが一転、
無責任な!と報道し始めました。
彼らは何を求めているのでしょうか。
彼らは、視聴者が飛びつく内容でさえあればポリシーなどないのですね。
そんな情報が全てだと思ってしまわないよう、私達国民はやはりある程度
勉強する必要があると思います。

麻生さんと福田さんの一騎打ちになる可能性が高そうですが、
本当に日本国にとって必要なこととはなんなのでしょうか。
さて、日本の首相を誰に任せるのか、それは国民の意思ではなく政治家の
利権で決まるのですね。
          ・ 
          ・
          ・
といろいろと思うところはあるのですが、まあこれで怒って自分の細胞を
壊しても仕方ないので、私は自分でしっかりと情報を見極めようと
対策を取って、あとは流れを見るしかありません。
どうなっていっても、それは必要で起こっていることでしょうから。



でも!今日怒りが芽生えたニュースがありました。
それは柔道のことです。
世界柔道が始まりましたね。
重量級の井上・鈴木両選手が判定で負けました。
それも柔道では考えられない判定だったようです。
柔道の流れというものを無視しての、どちらが畳に先に付いたかだけを
ビデオ判定した結果と言うことでした。
テレビで見ましたが、確かにひどい判定だと思いました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000917-san-spo


先日、山下さんが国際柔道連盟の理事に落選した、というニュースが流れました。
これは実は日本にとって大変な逆境のようなのです。
柔道において、組みたい日本人のやり方に対して、外国では道着を不正に作って
組みにくいようにしたりするのだそうです。
それを山下さんは厳しく取り締まってくれていたのですが、不可能になりますね。
どうも世界では日本人が強いということが許されないようですね。
柔道が柔道ではなくなっていく日も近いでしょう。
もちろん、それでも勝つ方法を日本も見つけていかなくてはいけないのでしょうが。
本当に日本人として悲しくなります。
世界はある一定の人達の思惑通り作り上げられていくのでしょうか・・・。
(いえ、真実は一人一人の「想い」で創られているのですが)


と久々に自分の怒りと向き合いました。
不条理なことに対する自分の気持ち。
この感情自体に蓋をしてはいけないと思います。
一旦向き合って、昇華する。

逆境も次の成功に繋がれば、必要なことになりますよね。
だから、すべてはうまくいっているんですよね。

日本柔道も、これに負けずさらに強い日本を作って欲しいと思っています。
日本人だからこそ、政治も柔道もがんばってほしい、と願わずにいられません。





posted by chika at 22:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

親王様のお名前

今日、秋篠宮様のお子様にお名前がついた。 

「悠仁」(ひさひと)様。

なんて素敵なお名前だろう。
「悠」という字が好きな私は、感動してしまった。

そしてお印は「高野槇」。

私たちの夏休みは伊勢神宮と高野山への旅で終わった。

悠仁さまがお生まれになった日に、伊勢神宮を参拝し
その翌々日に高野山を訪れて、高野槇をみてきた。
なんだか、ちょっとしたシンクロ?なんて、
恐れ多くも喜んでみたりして・・・。

秋篠宮ご夫妻の願い通り

「大きく、まっすぐ育たれ」
「ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでいかれる」

親王様になられますように。
posted by chika at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

紀子様のご懐妊

昨日からおめでたいニュースが日本をにぎわしている。
秋篠宮紀子様のご懐妊だ。

ちょうど皇室典範改正について物議を醸している最中だけに
男の子ならば・・・などと、どのテレビでも好き勝手言っている。
私的には、改正に向けて皆が慎重になる機会となることは
とてもいいことだと思うけれど(私は女系天皇容認に反対だから)、
やはり、皇室に新しい命が増えることを素直に喜びたいと思っている。

昨日ニュース速報が流れた時には多少なりとも衝撃的だった。
紀子様は12年ぶりに新しい命を宿されたのだ。
39歳。
今日ご公務にあいかわらず素敵な笑顔で出られていたのを見て
さすが2児の母!と安心はしたが、あまり周りが騒いでプレッシャーを
かけすぎないように、静かに見守って欲しいと思う。

紀子様は私の憧れの方。
秋篠宮殿下とご結婚された時の紀子様ブームの時、私は中学生。
なんて上品で笑顔が素敵で、でも芯の強そうなお方だろうと、
私もああなってみたいと思ったものだ。
(とうてい無理なので憧れるのだけど・・・(-_-;))
あれから何年経っても、素敵なままで立派に皇室の一員となられた。

3人目のお子さんが男女どちらであろうと、あの紀子様のしなやかさで
立派なお子さんを育てていただきたい。

紀子様、ほんとうにおめでとうございます。
posted by chika at 19:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

今年の漢字

今日、今年の漢字が発表になった。

過去は・・・

2001 「戦」 (対テロ戦争など)
2002 「帰」 (北朝鮮の拉致被害者の帰国) 
2003 「虎」 (タイガースの18年ぶりの優勝)
2004 「災」 (地震などの災害)

そして今年は・・・
2005 「愛」 ハートたち(複数ハート)
「愛」地球博や、卓球の「愛」ちゃん、ゴルフのあいちゃんの活躍、
紀宮様の結婚などの要素が「愛」を想像させたのでは、と
テレビで言っていた。

ここ数年間、なかなかいいイメージの字がなかった。
しかし、ここに来て「愛」。
決していいことばかりがあった年ではないけれど、
みんなが「愛」という字を思いついたなんて素敵ぴかぴか(新しい)

きっと、人全体の意識が「愛」に向かっているのだろう。
みんなが「愛」を求めているのかもしれない。
人の意識が世の中を創る。
きっと、これからいい方向に向かう前兆だるんるん
のーてんきでもいい。
みんなが「想う」ことに意味がある。

「愛」「愛」「愛」・・・。
残り少ない「愛」の年を、「愛」をもってすごそう。
posted by chika at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。