2009年01月26日

おめでとうございます!!

長らく更新もせず、ごめんなさい(>_<)
コメントのお返事もそのままで、ごめんなさい(>_<)

体調が思わしくなく、年が明けてあっという間に
1月下旬となってしまいました(><;)\xF8\xD0
(大丈夫なので、心配は無用です(*^-^)b)


さて、今日は旧正月です。
旧暦でも年明けを迎えました(^O^)

世界の変化が急速になっているような気もします。
できたら、すべてが「愛」に基づいたものになるよう、
少しずつ私も努力をしていきたいと思います。
(といいつつ、今でも全ては愛に基づいてる気がしている
楽観主義のchikaですが…)

みなさんも、それぞれに幸せを感じましょう(#^-^#)


みなさんにとって、素晴らしい年になりました♪


またまた、たまにの更新しかできないかもしれませんが、
今年もどうぞこのブログとchika家をよろしく
お願いしますm(u_u)m


posted by chika at 20:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

ありがとうございます

さて、2008年も最後の一日となりました。

今年は、久しぶりに佐賀で年を迎えました。
そして、4月から10年ぶりにナース復帰し、
仕事を始めさせてもらいました。
新しい始まりの1年とも言えそうです。

なかなかこのブログを更新する余裕がなくなって
しまいましたが、みなさんあきれることなく、いつも
遊びに来て下さり、コメントまで残して頂いて、
本当にありがたさを実感しています。

来年もまた、新しい1年となるでしょう。
なんとか少しずつでも、自分の想いを伝えていきたいと
思っていますので、どうぞ来年もよろしくお願い致します。

よいお年をお迎え下さい。

本当に本当に、今年1年・・・



ありがとうございます!!!





posted by chika at 20:44| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

平和の祈り

皆様、お元気さまです!

今日はクリスマスイブクリスマスですね。
恋人や家族と暖かい時間をお過ごしでしょうか?
我が家は、おっとが当直なので、一人寂しく夕食を食べましたあせあせ(飛び散る汗)
ま、今朝「あっ、今日はイブだどんっ(衝撃)」って気付いたくらいなので
全然いいんですが。

でも!せっかくのクリスマスなので、今日は敬虔なクリスチャンだった
マザーテレサが愛した、アッシジの聖フランチェスコの「平和の祈り」を
紹介しようと思います。
マザーテレサは、聖フランチェスコに感銘を受けて、修道女の道を
選んだんだそうです。


クリスマスに、この詩をそれぞれに感じてみませんか?



「平和の祈り」


主よ、あなたの平和をもたらす道具として、私をお使いくだい

憎しみのあるところには、愛を
不当な扱いのあるところには、一致を
疑惑のあるところには、信仰を
誤っているところには、真理を
絶望のあるところには、希望を
暗闇には、光を
悲しみのあるところには、喜びを
もっていくことができますように

慰められることを求めるよりは、慰めることを
理解されることよりは、理解することを
愛されるよりは、愛することを
求める心をお与えください

私たちは自分を忘れ去ることによって、自分を見いだし
許すことによって、許され
死ぬことによって、永遠の命をいただくのですから






posted by chika at 21:58| Comment(12) | TrackBack(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

夢は叶っているゾウ

皆様、お元気さまです!!

丸1ヶ月ぶりの記事になりました・・・。
ご無沙汰ですいませんあせあせ(飛び散る汗)

街はクリスマスクリスマス一色。
それだけで楽しい気分になりますね。


今日は夢のコラージュについて少し書こうかと思います。
私が最初にちゃんとした夢のコラージュを作ったのは、
越智啓子先生のワークショップでした。
約3年前のことになります。
この間、ふと見直していたら、結構な確率で夢が叶っていって
いることに気付きましたひらめき

それも、この間SMAPのライブに行けたことが大きな効果でした。
SMAPのライブのチケットは、倍率が高くとるのがとても難しいと
知っていたので、ファンクラブにもはいっていない私はほとんど
あきらめていました。
なのに、今回、ファンクラブに入っている友達から一枚チケットが
余るからどう?と誘ってもらって、福岡ドームに行くことができました!!

まさに棚からぼた餅演劇
ラッキーグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)って感じです。

スゴい!やっぱり叶うんですね、夢は。
夢に向かって必死に努力して、手に入れるっていう方法ももちろん
ありだと思うし、必要な時もあると思うのですが、一度「こうしたいなぁ」
って認識した後に、ふっと手放したら叶う夢もあると思いました。

そう思って見直した夢のコラージュ。
着実に叶っていっていることに気付いて、おもしろいなぁと
改めて感動しました。

人生って素敵ですねぴかぴか(新しい)

もうすぐ新年。
みなさんも、お正月にご家族で夢のコラージュづくりをされてみては
いかがでしょうか??
きっと素敵なことが起こると思いますよぴかぴか(新しい)
posted by chika at 20:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

愛と笑いの講演会から女らしさへ

皆様、お元気さまです!

昨日は「立冬」。
暦の上ではもう冬ですね。
実際の気温も下がってきて、寒いと感じることが多くなってきました。

先日はオバマ氏が次期アメリカ大統領に選ばれました。
今後のアメリカ経済を立て直すためには、戦争が一つの手段であり、
マケイン氏が選ばれるのではないか、という話を聞いていたので、
この当選結果を聞いた時には、世界が変わる第一歩かも!と
大きく期待しました。
でも、このオバマ氏当選の裏にも実は裏の世界で手が引かれている
のではないか・・・との話も聞きました。
さて、真実はどうなのでしょう。
でも、人の想念が世の中を変えます。
だから、私は信じたい。
権力ではなく、支配ではなく、この世界がひとつになると。

・・・なんて考えている今日この頃です。







さてさて、前置きが長くなりましたあせあせ(飛び散る汗)
今日は先週末に参加した越智啓子先生の講演会について
お話ししようと思います。
これまでも何度も記事にしています越智啓子先生。
(最初の記事はこちら

私が大好きで、尊敬する人です。

今回の講演会も、相変わらず素敵でした。
最初に薔薇の妖精の化して登場した啓子先生。
いきなり笑いから始まりました。

いつも先生がおっしゃるのが
「人は光の存在。キラキラの光が中から溢れています。
 でも、自分でたくさんの蓋をしてしまってその光が遮られて
 いるのね。
 だから、その蓋を外しましょう。
 そのためには笑いがいいのよ〜」


その言葉通り、たくさん体と魂を震わせて笑ってきました。
そして、「それでいいのよ〜」という全肯定の愛を感じてきました。

そして引き寄せの法則について、お話しされました。
すべては自分の想いが引き寄せている。
そう、だから人生を楽しむ!と決めるのです。


お友達も一緒に行ったのですが、みんなとっても心に響いて、
楽しかったみたいでよかったです。
笑いあり、涙あり、の時間でした。

講演会では、啓子先生の診療のデモンストレーションがあるのですが、
今回選ばれたお二人に共通したテーマは女性性の解放でした。
過去世(もちろん現世でも)でのカルマで女性性が縮こまって
いる人が多いようですね。
これまでも女性性の解放が大切だということは知ってはいましたが、
実は、私はずっと自分には関係ないと思っていました。
女性に生まれて良かったと思っていたし、逆に男性は大変だよねー
なんて気楽に思っていたからです。
でも、ここしばらくちょっと考えるところがあって、実は私は
自分で自分をたくさん縛ってきたな〜って思っていたところなんですね。
そんな中で、啓子先生のデモンストレーションを見ながら、一緒に
ヴォイスヒーリングなどのエネルギーを受け取っていたら、出てきました。
ブロックの元の感情が。

まず、母がずっと男の子を欲しがっていたこと。
お腹の中にいる間は男の子だと思って疑わなかったらしく、産まれて
「女の子よー」って言われた時に「うわっ!女の子!?」って
思ったらしいのです。(これは母から聞いたことです)
そして、赤ちゃんの頃はどう見てもよく男の子に間違われていたらしく、
幼児期には、よく男の子のような格好をさせられていました。
(写真が残っています)
それからも、父は病気を持っていて、私は一人っ子なので、
母はずっと私に「一人で生きていけるようになりなさい」と
言い続けていました。
とにかく、しっかりするように!!と育てられたのです。

こういうことがだーーーーっと頭をよぎりました。
っていうか、まさに女性性縮こまってんじゃーーーーーんダッシュ(走り出すさま)って
自分でつっこみたくなるくらいの(笑)気付きがありました。

そう、母は母なりの愛情で私にそう伝えて育ててくれたのです。
今となればよく分かります。
でも、基本的な人格形成の上で、私の中には
「女らしさは必要じゃない。それよりもしっかりして生きていかなくっちゃ!」
って価値観ができあがっていたんですね。

だから、私は女の子女の子した人が苦手です(汗)
ここにも一つ私の蓋が見つかりました。

きっと、今気付いて今癒す必要があったんでしょうね。
「そろそろもういいよ〜」って神様や守護天使ちゃんが言って
くれたんだと思います。
しっかりした方がいい、優等生でなければダメ、という蓋を外して、
もっと自分を楽にしてあげようと思います。
そして、少しでも女らしくなったらいいな〜って思います。

自分を許すたびに人を許せるようになる。
そうですよね。
また一つ自分の解放を楽しみながらやろうと思います。
「chikaちゃ〜ん、かわいくっていいのよ〜〜〜」って自分に
言い聞かせます(笑)

すべてはうまくいっている!!!


bears&warabi-s.jpg

啓子ベアとわらびーちゃん達。
この4人が、我が家をかわいく見守ってくれています♪
posted by chika at 09:12| Comment(10) | TrackBack(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

はまっている歌

皆様、お元気さまです!

11月が近づいてきたのに、まだまだお昼間は暑い日が続いています。
でも、今日いつも通る道を車で走っていたら、道路にはたくさんの
落ち葉が・・・。
ハッとして周りに目をやると、はだかの木がちらほら。
あ〜〜、確実に秋も冬もやってきているのだなぁと感じました。
自然ってすごいですね。


今日は、最近私がはまっている歌を紹介します。
それは、アンジェラ・アキさんの「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」です。
この歌は、今年のNHK全国学校音楽コンクール、中学校の部の課題曲です。

青春時代のなんともいえない人生への悩み・不安をよく表していて、
さらに、大人の私達にも勇気を与えてくれる歌です。

一度是非聞いてみて下さい。
http://jp.youtube.com/watch?v=AjLOgNbUuWE


 



 手紙  〜拝啓 十五の君へ〜
作詩:アンジェラ・アキ 作曲:アンジェラ・アキ


拝啓 この手紙読んでいるあなたは どこで何をしているのだろう

十五の僕には誰にも話せない 悩みの種があるのです

未来の自分に宛てて書く手紙なら
きっと素直に打ち明けられるだろう

今 負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は
誰の言葉を信じ歩けばいいの?
ひとつしかないこの胸が何度もばらばらに割れて
苦しい中で今を生きている
今を生きている

拝啓 ありがとう 十五のあなたに伝えたい事があるのです

自分とは何でどこへ向かうべきか 問い続ければ見えてくる

荒れた青春の海は厳しいけれど
明日の岸辺へと 夢の舟よ進め

今 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は
自分の声を信じ歩けばいいの
大人の僕も傷ついて眠れない夜はあるけど
苦くて甘い今を生きている

人生の全てに意味があるから 恐れずにあなたの夢を育てて
Keep on believing

負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は
誰の言葉を信じ歩けばいいの?
ああ 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は
自分の声を信じ歩けばいいの
いつの時代も悲しみを避けては通れないけれど
笑顔を見せて 今を生きていこう
今を生きていこう

拝啓 この手紙読んでいるあなたが
幸せな事を願います




なんかね、この歌を聴くと涙が流れるんです。
何度聞いても泣けます。
生きてるってそういうことだよな〜って、胸に響きます。
素敵な歌です。
アンジェラは、幼い頃からハーフということでいじめに遭っていたそうです。
そんな境遇の中で、「ひとつしかないこの胸が何度もバラバラに割れ」た
経験をしてきたのでしょうね。
でも、いまとっても楽しそうに、気持ちよさそうに、エネルギッシュに
歌っている彼女を見ると、生きてるってことが素敵なことなんだって
伝わってくる気がします。

「いつの時代も悲しみを避けては通れないけれど
 笑顔を見せて 今を生きていこう」
これぞ、人生!
とても勇気づけられています。


posted by chika at 21:29| Comment(10) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

アースでリフレッシュ!

皆様、お元気さまです!

3連休の方もいらっしゃったでしょうが、いかがお過ごしでしたか?
我が家は、昨日月曜日だけがおっとの休みだったのでたらーっ(汗)
久しぶりにお出かけしてみました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

阿蘇に行って来ましたーーーーっ。
なんか、どうしても私が「自然に触れたい!!」と思ったので、
ならば雄大な自然の阿蘇にしようということになったのです。
秋の阿蘇は、ススキがいっぱいで(紅葉はまだでした・・)、
虫の鳴き声が「リン♪リン♪」と聞こえて、秋を満喫できました。

そして、今回の目的も・・・やっぱり・・・




葉祥明阿蘇高原絵本美術館




です(笑)(どんだけ〜〜〜〜〜手(パー)


私の中では最高の癒しの場所と位置づけられているらしく(笑)、
時々どうしても「行きたーーーい!!」ってなります。
なので、もちろん今回も行ってきました〜〜〜。



you08101303.jpg
今回も温かく迎えてくれた「ジェイクの木」





you08101302.jpg
枝葉が青空に向かって伸びていました




そして、最後には・・・日陰でちょっと寝っ転がってアース。

you08101301.jpg


見えたものは、雲一つないただただ真っ青の空でした。
これは幸せでしたね〜ぴかぴか(新しい)
地面に接している背中からは要らないものがどんどん抜けている
気がして(まさにアース!)、その内地球さんに守られている〜って
暖かくなってきて、上を見れば真っ青な空が広がっていて・・・。

「生かされてるぅぅ〜〜」


って実感。

すっかりリフレッシュ手(チョキ)


最後に、大観峰に寄って帰ってきました。
阿蘇の外輪山を見る度に、元は一体どれだけの山だったんだろう・・・って
思います。
確実に富士山よりも大きかったはず(・o・)
そんな場所ですから、自然のパワーは最大です!
また行くぞーーーっダッシュ(走り出すさま)



そうそう、佐賀に来て、ちょうど1年が経ちました。
早かったような、長かったような・・・。
おっとの拘束時間も増え、私も週3日ながら丸1日働くようになり、
なんだか慌ただしい、落ち着かない生活を送っているような
気がしますが・・・、今はそういう時期なんでしょうね。
次のステップへ動くのがいつになるかは、全くの不明だけど、
後から思うと「あの時期がなかったら今は絶対になかったな」って
大切な時間になるんだと思っています。
ぴかぴか(新しい)すべてはうまくいっているぴかぴか(新しい)

さ、一日一日を大切に進んでいきましょう。



posted by chika at 09:45| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

秋は悲しい・・・!?

皆様、お元気さまです!!

どうも、ご無沙汰しております・・・。
前回の記事から1ヶ月近くが経とうとしていました・・あせあせ(飛び散る汗)がく〜(落胆した顔)
満月や新月の記事ばかりになるのが、どうしても抵抗があったので、
前回の新月から記事にするのを止めました。
しばらく続けて更新してきたので、興味のある方は「新月のアファメーション」の
メルマガに登録されただろうし、満月のお財布ふりふりの方法も覚えていただけた
のではないだろうか、と考えています。
とういことで、これからも皆様、ご自身のペースでお月様のエネルギーを時々
感じてみて下さい♪


さて、すっかり秋になりましたね。
金木犀の香りが世の中に充満していて、私は幸せです。
大好きなんですよね、この香りが。
なつかしいような、ワクワクするような、それでいて切ないような・・・
そんな気持ちになります。

日が暮れるのも早くて、なんだかちょっと寂しい気がするのは私だけでしょうか。

・・・と思っていたら、どうもこの季節が「悲しい」のは臓器に関係が
あったようなんです!!
この秋に活発化する臓器は「肺臓」。
その肺臓がリンクする感情が「悲しみ」なんですね。

私も最近どうも気持ちが不安定で、「かなし〜〜〜〜」って心で
叫ぶような時があったので、なるほどひらめきと腑に落ちました。
きっと肺臓が過剰に活発化しようとがんばっているんですね。

では、この肺臓のエネルギーを抑えることが、感情を抑えるのに
いいんでしょう。
その方法は・・・

深呼吸!

でしょう。

・・・って普通や〜〜〜〜〜ん手(パー)

1日5分でも呼吸をしっかり意識して深呼吸。
まずは、しっかり吐く。
それから吸う。
できるだけ腹式呼吸を練習して、肺を最大に縮めたり伸ばしたりしましょう。



それからもう一つ。
しっかり汗をかいて皮膚呼吸を正常化することも大切だそうです。

肺と皮膚は密接な関係にあります。
この季節の急な乾燥で、皮膚呼吸が正常にできなくなるのだそうです。
すると、肺に負担がかかって風邪を引いてしまう。
毛穴が閉まってお肌がカサカサ・・・ってことが起こります。

これらへの対処法は・・・

汗をかくこと!

これまた普通や〜〜〜〜〜ん手(パー)


お家でできるのはやっぱり半身浴でしょうね。
しっかり汗を出しましょう。

ということで、しっかりと体を秋モードに入れるべく、私はかかりつけの
クリニックで遠赤外線ドームに入ってきましたーー手(チョキ)
汗だらだらあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
お肌もちょっとすべすべぴかぴか(新しい)
気分もスッキリグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

きっと皮膚呼吸も正常化して、風邪も引かず、切なさも減ることでしょう。


皆さんも、この季節、肺臓(皮膚も)を少し、意識してみませんか??
もちろん、スポーツや温泉などで汗を流すのも、リフレッシュの方法だと
思いますよ〜〜〜。


    (参照:「寺門琢巳 だから!カラダ!げんき!」
posted by chika at 08:56| Comment(9) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

これでいいのだ!&今月の満月

皆様、お元気さまです!

あっという間に時間だけが過ぎていきます。
パソコンを開く気力もなく、休みの日もあっという間に終わっていきます。
体力がないんですよねーーーあせあせ(飛び散る汗)
このブログも、今月の新月と満月の紹介だけのブログみたいになってしまって、
自分でも残念なのですが、パソコンの前に座ること自体が億劫になっています。
しばらく、お休みした方がいいのかなぁ〜なんて考え中です。


さて、今日はちょっと前の話題ですが、赤塚不二夫さんが亡くなられた時に
読まれたタモリさんの弔辞についてちょっとお話ししたいな〜と思っています。

タモリさんが読んだ弔辞の全文を紹介しますね。

弔辞

 8月2日にあなたの訃報に接しました。6年間の長きにわたる闘病生活の中で、ほんのわずかではありますが回復に向かっていたのに、本当に残念です。

 われわれの世代は赤塚先生の作品に影響された第1世代といっていいでしょう。あなたの今までになかった作品や、その特異なキャラクター、私たち世代に強烈に受け入れられました。10代の終わりからわれわれの青春は赤塚不二夫一色でした。

 何年か過ぎ、私がお笑いの世界を目指して九州から上京して、歌舞伎町の裏の小さなバーでライブみたいなことをやっていた時に、あなたは突然私の眼前に現れました。その時のことは今でもはっきり覚えています。赤塚不二夫が来た。あれが赤塚不二夫だ。私を見ている。この突然の出来事で、重大なことに、私はあがることすらできませんでした。終わって私のところにやってきたあなたは、「君は面白い。お笑いの世界に入れ。8月の終わりに僕の番組があるからそれに出ろ。それまでは住むところがないから、私のマンションにいろ」と、こう言いました。自分の人生にも他人の人生にも影響を及ぼすような大きな決断を、この人はこの場でしたのです。それにも度肝を抜かれました。

 それから長い付き合いが始まりました。しばらくは毎日新宿の「ひとみ寿司」というところで夕方に集まっては深夜までどんちゃん騒ぎをし、いろんなネタを作りながら、あなたに教えを受けました。いろんなことを語ってくれました。お笑いのこと、映画のこと、絵画のこと。他のこともいろいろとあなたに学びました。あなたが私に言ってくれたことは、いまだに私にとって金言として心の中に残っています。そして仕事に生かしております。

 赤塚先生は本当に優しい方です。シャイな方です。麻雀をする時も、相手の振り込みであがると相手が機嫌を悪くするのを恐れて、ツモでしかあがりませんでした。あなたが麻雀で勝ったところを見たことがありません。その裏には強烈な反骨精神もありました。あなたはすべての人を快く受け入れました。そのためにだまされたことも数々あります。金銭的にも大きな打撃を受けたこともあります。しかし、あなたから後悔の言葉や相手を恨む言葉を聞いたことはありません。

 あなたは私の父のようであり、兄のようであり、そして時折見せるあの底抜けに無邪気な笑顔は、はるか年下の弟のようでもありました。あなたは生活すべてがギャグでした。たこちゃん(たこ八郎さん)の葬儀の時に、大きく笑いながらも目からはぼろぼろと涙がこぼれ落ち、出棺の時、たこちゃんの額をぴしゃりと叩いては、「この野郎、逝きやがった」と、また高笑いしながら大きな涙を流していました。あなたはギャグによって物事を動かしていったのです。

 あなたの考えはすべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は、重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また、時間は前後関係を断ち放たれて、その時、その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち、「これでいいのだ」と。

 今、2人で過ごしたいろんな出来事が、場面が、思い浮かんでいます。軽井沢で過ごした何度かの正月、伊豆での正月、そして海外への、あの珍道中。どれもが本当にこんな楽しいことがあっていいのかと思うばかりのすばらしい時間でした。最後になったのが京都五山の送り火です。あの時のあなたの柔和な笑顔は、お互いの労をねぎらっているようで、一生忘れることができません。

 あなたは今この会場のどこか片隅で、ちょっと高い所から、あぐらをかいて、ひじを付き、ニコニコと眺めていることでしょう。そして私に「おまえもお笑いやってるなら弔辞で笑わしてみろ」と言ってるに違いありません。あなたにとって死も1つのギャグなのかもしれません。

 私は人生で初めて読む弔辞が、あなたへのものとは夢想だにしませんでした。私はあなたに生前お世話になりながら、一言もお礼を言ったことがありません。それは肉親以上の関係であるあなたとの間に、お礼を言う時に漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです。あなたも同じ考えだということを、他人を通じて知りました。しかし、今、お礼を言わさせていただきます。赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。私もあなたの数多くの作品の1つです。合掌。

 平成20年8月7日、森田一義




お二人の間柄が特別だったことがひしひしと伝わってきますね。
そのなかでも、青字の部分がとても素敵だと思いました。

あなたの考えはすべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は、重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また、時間は前後関係を断ち放たれて、その時、その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち、「これでいいのだ」と。

ギャグマンガによっておかしく伝えられた「これでいいのだ!」ですが、
とても深い言葉です。
どんなことでも受け容れる深い言葉です。
まさに「すべてはうまくいっている!。これでいいのだ!」ということですから。
全肯定ですねぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


この言葉を産み出した赤塚さんもこの言葉をきちんと理解されていた
タモリさんも素敵な人だなぁと思います。

しかもこの弔辞、タモリさんは手にしていた紙をめくりながら読まれましたが、
実は!白紙だったそうですexclamation×2
粋ですね。
タモリさんはちゃんと「芸人さん」=「赤塚不二夫の作品の一つ」として
赤塚さんを最期まで送られたんだな、と思いました。
こういう心意気が人生には大切なものなんだな、と感動しました。
「これでいいのだ!」ですね。

ちょっと前の話題になりましたが、どうしても書いておきたかったので、
今日はこの話題を取り上げてみました。





そして、明日(15日)は満月満月です。

15日 18:13

お財布ふりふりで、臨時収入ゲットしましょうダッシュ(走り出すさま)

満月の日にお月様に向かって、お財布か通帳をふりふりして
「お月様、今月も臨時収入がありました。ありがとうございます」
といいます。

この時の注意点

・お財布にお金は入っていなくてもいいが、クレジットカードや領収書など、
 使うのに関するものは抜く
・通帳の場合は、通帳ケースから出す
・外気に晒しながら通帳とお財布を振る
・「今月も臨時収入がありました。ありがとうございます」と過去形で言う


雨や曇りでもエネルギーの気は満ちているので大丈夫ですし、
満月の一両日中は効果があるそうです。



お月様、素敵なエネルギーをありがとうございますハートたち(複数ハート)





posted by chika at 15:45| Comment(10) | TrackBack(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

今月の新月

皆様、お元気さまです!

またまた少しご無沙汰でしたあせあせ(飛び散る汗)
今週末は24時間テレビが放送されていますね。
ハンディキャップのある人達ががんばっているのを見ると、
感動するし、刺激を受けます。
が、テレビ局の思惑がどこにあるのか(ギャラの問題などね・・・)
考えると、どこかで悲しい想いがするのも事実です。

昨年、欽ちゃんが24時間マラソンに挑戦された時の話を
思い出しました。
欽ちゃんは、日本テレビに「どこまでギャラが出せるの?」と
言ったそうです。
そして「それでは受けられない!」とどんどんギャラの値段を
つり上げていったそうです。
そして「もうこれ以上は・・・」となった時に、
「ではそれでお受けします。」と話を受けられて、そのギャラの金額は
全部寄付されたそうです。

さすがですね。
みんながそんな想いでこの素晴らしい番組に関わってほしいな、と
願いながら見ています。



さてさて、明日(31日)は今月の新月です。

8月31日 4:58 乙女座

乙女座は細かなこと、本当に役に立つものを築きあげて他人の要求に応える
完全さを目指します。
仕事やライフワーク、眼識、秩序、完璧主義、創造的な組織を表します。
また、食生活・運動、リラックス、サービスや統合といった面も持ちます。



願いを書くときに、より叶いやすくするための法則があります。

・新月に入った瞬間から8時間以内に願い事リストを作る。
 ー 48時間以内有効ですが8時間以内のほうが効果大。
・手書きで書く。
 ー ワープロやパソコンではパワーが違います。
・願い事は2件以上10件以内にする。
 ー 2件以上のほうが相乗効果がありますが、10件を超えると
   エネルギーが分散してしまいます。
・自分を主体に書く。
 ー 自分自身を変える願いは叶いますが、他者を変える願いは叶いません。
・自分を信じる。
 ー 実現するまで辛抱強く願い続けましょう。
・願いは1件につき1文にする。
 ー 2つ以上の願いを1つの文にまとめてしまうと叶いません。 
・現在形、または完了形で書く。
 ー 〜しますように、と書くと願っている自分になってしまいます。
・肯定文で書く。
 ー 悪いことがおきません、ではなくて、良いことだけがおきます
  と書きましょう。

それから、最後に大切なこと、 願いを書いた紙は日付を入れて大切にしまい、
この願いのことは忘れてしまいましょう。
いつも意識して願っていては却ってとらわれてしまいます。
数ヵ月後、叶った夢に線をひいていくと、嬉しい驚きが訪れることでしょう。
(以上 「新月のアファメーション」メルマガより抜粋
 http://archive.mag2.com/0000131552/index.html



「細かなこと、本当に役に立つものを築きあげて他人の要求に応える
 完全さを目指す」星だそうです。
人の役に立つための基礎を作る時期と言うことでしょうか。
とても大切な時期になるようですね。
それに関したアファメーションをしましょう♪

最後の一つは世界やみんなのためのアファメーションを入れて欲しいと
願っています。


     ☆ ミンナガシアワセデス ☆
posted by chika at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。